モスクワのテロ攻撃容疑者、全員がウクライナ国民?【ファクトチェック】

モスクワのテロ攻撃容疑者、全員がウクライナ国民?【ファクトチェック】

「モスクワでのテロ攻撃の容疑者が特定され、全員がウクライナ国民」だとする言説が、複数の顔写真の画像とともに拡散しましたが誤りです。顔写真はいずれもテロ事件以前にネット上に公開された画像を集めたものです。現地メディアは、起訴された4人はタジキスタン人だと報道しています。

2024年3月24日、「モスクワのテロ事件で拘束された4名の全員が、ウクライナ国籍であることが明らかに‼️」というコメントとともに、4人の顔写真付きのIDカードやパスポートなどに見える画像が拡散した。画像の上部にはウクライナ語と英語でウクライナと書かれている。

2024年3月25日現在、このポストは900件以上リポストされ、表示回数は63万件を超える。返信欄では「そりゃまあそうじゃないかね」という同調の声の一方、「別の記事から写真を流用した捏造」「顔違うんだが」などの反応があった。

検証過程

2024年3月22日、ロシアの首都モスクワ近郊のコンサートホールで、迷彩服を着た武装集団による銃撃事件や火災が発生。3月24日時点で130人を超える死者が出ている(ロイター通信)。

3月24日、ロシアの捜査当局はこの事件で拘束した11人のうち実行犯4人を裁判所に移し起訴したと発表している(タス通信読売新聞)。24日の投稿にある「モスクワのテロ事件で拘束された4名」はこの起訴された実行犯4人を指していると思われる。日本ファクトチェックセンター(JFC)は、検証対象の4枚の画像が、起訴された4人と一致するかどうかを検証した。

BBCによると、起訴されたのはダレルジョン・ミルゾエフ(Dalerdzhon Mirzoyev)被告とサイダクラミ・ムロダリ・ラチャバリゾダ(Saidakrami Murodali Rachabalizoda)被告、シャムシディン・ファリドゥニ(Shamsidin Fariduni)被告、ムハマドソビル・ファイゾフ(Muhammadsobir Fayzov)被告の4人だ。

一枚目の画像をGoogle画像検索すると、ウクライナの通信社UNIIANによる2020年8月の記事が見つかる。検証対象の写真は、斧を持って警備員に暴行を加えた後、逃走し容疑者として逮捕されたYulii Tsiezarの写真だ。今回テロの実行犯として公表された4人と名前が一致しない。

二枚目の画像をGoogle画像検索すると、2016年9月のページが見つかったが現在アクセスが制限されており、閲覧できない。パスポートにある「Микола Малуха」をGoogle検索すると、男性のFacebookページがヒットした。男性のFacebookにはYoutubeチャンネルのディレクターなどをしていると書いてあり、2024年3月24日に「おかしな話だが、私はモスクワのテロリストの容疑者の一人です」と投稿し、その後「私はこのテロ攻撃とは無関係である」と投稿した。今回テロの実行犯として公表された4人とは名前も一致しない。

三枚目の画像をBing画像検索すると、2020年5月のウクライナ語の記事が見つかった。この記事はIDカードと納税者番号を同時発行する新しいサービスについて紹介しており、画像はサービスの見本として使われている。元記事の画像も拡散した画像と同じく国籍を示す部分を除いて全てボカシが入り、名前は確認できないが、実行犯との関係性を示す情報もない。

四枚目の画像をGoogle画像検索すると、Wikimedia Commonsのページが見つかる。Wikimedia Commonsは、ウィキペディアなどのウィキメディア財団関連サービスで自由に利用できる画像・音声・動画を保管している(公式サイト)。この画像はウクライナのパスポートを紹介する画像として2020年7月にアップロードされている。「ウクライナの国際パスポート、1994 年モデル」と説明が書かれている。

いずれの画像もモスクワのテロ以前に公開されていたものだ。1枚目は名前が一致せず、2枚目は本人が否定、3枚目と4枚目もネット上に公開されている画像を使用しただけの可能性が高い。

また、拡散した投稿は4人の国籍を「ウクライナ人」としているが、ロシア国営通信社タス通信の報道によると、実行犯として起訴された4人の容疑者は全員タジキスタン人だという。

同じ画像は海外でも拡散している。 AFPやギリシャのファクトチェック団体Ellinika Hoaxesもファクトチェックをし、「誤り」と判定している。

判定

「モスクワでのテロ攻撃の容疑者が特定され、全員がウクライナ国民」とする画像は、事件以前にネット上で公開されていたIDカードやパスポートの画像で2枚は明らかに無関係。残る2枚も関係性を示す証拠はない。また、国籍も異なる。よって誤りと判定する。

検証:リサーチチーム
編集:藤森かもめ、野上英文、宮本聖二、古田大輔

判定基準などはJFCファクトチェック指針をご参照ください。検証記事を広げるため、XFacebookYouTubeInstagramでのフォロー・拡散をよろしくお願いします。毎週、ファクトチェック情報をまとめて届けるニュースレター登録(無料)は、上のボタンからどうぞ。

また、QRコード(またはこのリンク)からLINEでJFCをフォローし、気になる情報について質問すると、AIが関連性の高い過去のJFC記事をお届けします。詳しくはこちらの記事を

もっと見る

習近平国家主席が脳卒中で倒れた? 椅子から転げ落ちたという画像が拡散【ファクトチェック】

習近平国家主席が脳卒中で倒れた? 椅子から転げ落ちたという画像が拡散【ファクトチェック】

中国の習近平国家主席が「中国共産党の会議で椅子から転げ落ちた。脳卒中だ」などという言説が画像とともに拡散しましたが、根拠不明です。拡散した画像は2024年3月の全国人民代表大会のもので、その後も公務の様子がたびたび報じられています。2024年7月25日時点で習主席が重篤な状態だという信頼性のある情報はありません。 検証対象 2024年7月18日、「中国共産党の全体会議の写真に、習近平が突然、痛みに震えて椅子から転げ落ちる様子が写っている。 おそらく脳卒中だったのだろう」「衰弱の発作だったのかもしれない」という投稿が拡散した。 添付された画像にはドイツ語で、「習近平は脳卒中を患ったのか?」という題名の後に、「中国共産党本会議の写真には、習近平氏が突然痛みでけいれんし、椅子から転げ落ちる様子が映っている。おそらく脳卒中を起こしたのだろう」などと書かれている。3枚の画像には顔をしかめる習主席や、習主席の机を確認する女性が写っている。 2024年7月25日時点で1800件以上リポストされ、表示回数は117万回を超える。投稿について「どくさつ」「おそらく脳卒中」など

By 日本ファクトチェックセンター(JFC)
ファクトチェックに使えるサイトやツール 公開情報を使いこなす【JFC講座 実践編7】

ファクトチェックに使えるサイトやツール 公開情報を使いこなす【JFC講座 実践編7】

日本ファクトチェックセンター(JFC)のファクトチェック講座です。 実践編第6回は、公開されている情報に基づいた調査=OSINTについてでした。第7回はファクトチェックに役立つサイトやツールを紹介します。 (本編は動画でご覧ください。この記事は概要をまとめています) ファクトチェックに役立つサイトやツール 理論編から繰り返し説明してきたようにファクトチェックは、検証する際の根拠を開示することが大前提です。 インターネット上には、公開情報を手に入れるのに役立つサイトやツールがたくさんあります。これまでに紹介したGoogle画像検索やInVID、Googleマップなどもそうですが、今回は主に資料探しに役立つサイトやツールを紹介したいと思います。 政府の公式データの活用 中央行政のオープンデータポータル「e-Gov」や政府統計の総合窓口「e-Stat」は、各省庁のデータを横断的に検索できる非常に便利なサイトです。 キーワードやカテゴリ、テーマごとに検索が可能で、信頼性の高い公的データを素早く見つけることができます。 これらのサイトは、海外でも同様のも

By 古田大輔(Daisuke Furuta)
OSINTでファクトチェック 公開データを使い真偽を判別する【JFC講座 実践編6】

OSINTでファクトチェック 公開データを使い真偽を判別する【JFC講座 実践編6】

日本ファクトチェックセンター(JFC)のファクトチェック講座です。 実践編第5回は、生成AIで作られる画像や動画の検証についてでした。第6回は公開されている情報に基づいた調査=OSINTについて解説します。 (本編は動画でご覧ください。この記事は概要をまとめています) OSINTとは オープンソースインテリジェンス(Open Source Inteligence=OSINT)とは、一般に公開されている情報を収集し分析する手法のことです。 近年、調査報道やファクトチェックに活用されており、オンライン調査とも呼ばれます。日本ファクトチェックセンター(JFC)でもこの手法を活用しています。 現実の画像かどうかOSINTで確認する 実例で見ていきます。 実践編第5回でも紹介したように、2022年9月の静岡県の水害では、生成AIによる偽画像が拡散しました。 ドローンで撮影された静岡県の災害画像? AIディープフェイクの見分け方【ファクトチェック】台風15号による記録的な大雨に見舞われた静岡県をドローンで撮影したとする画像がTwitter上で拡散しています

By 古田大輔(Daisuke Furuta)
生成AIをファクトチェック 進化する技術に対抗する方法【JFC講座 実践編5】

生成AIをファクトチェック 進化する技術に対抗する方法【JFC講座 実践編5】

日本ファクトチェックセンター(JFC)のファクトチェック講座です。 実践編第4回は、増加傾向にある偽動画の検証についてでした。第5回は公開されている生成AIで作られる画像や動画の検証について解説します。 (本編は動画でご覧ください。この記事は概要をまとめています) 生成AIによる「ディープフェイク」 生成AIで作られた偽情報は「ディープフェイク」と呼ばれます。 例えば、アメリカのトランプ前大統領が「岸田首相はグローバリストの操り人形」と話している動画が拡散しました。これは発言内容を自由に捏造できるツールで作られたディープフェイクです。 一方で、AIを使わずに作られた偽の画像や動画などをディープ(深い)に対応して「シャロー(浅い)フェイク」や「チープ(安い)フェイク」と呼びます。 例として、台湾の地震時に東日本大震災の映像が使われた事例があります。現状では、チープフェイクの方が圧倒的に多いですが、ディープフェイクも増えつつあります。 日本のディープフェイク事例 日本で最初に有名になったディープフェイク事例は、2022年9月の静岡県での事例です。「

By 古田大輔(Daisuke Furuta)