処理水の放出で「日本の水産業は崩壊寸前」?【ファクトチェック】

処理水の放出で「日本の水産業は崩壊寸前」?【ファクトチェック】

福島第一原発からの処理水の海洋放出をめぐり、「日本の水産業は崩壊寸前」などと指摘する動画が中国語圏を中心に拡散しましたが、内容に多数の誤りがあります。日本の水揚げ量は長期的に減少傾向にありますが、処理水の放出や動画が指摘する中国の輸入停止措置が理由ではありません。

検証対象

2023年8月に福島第一原発で始まった処理水の海洋放出をめぐり、中国語圏で「日本の水産業は崩壊寸前」「売れなくなったことで水揚げ量が1000万トンから300万トン台に急減した」などと主張する動画が拡散している。

動画は「日本终于为他们的行为付出了惨重的代价(日本はついに大きな代償を払うことになった)」というタイトルで、男性が2分45秒にわたって福島第一原発事故の処理水(排汚水と表現している)の海洋放出で日本の水産業が大きく影響を受けているなどと語っている。

この動画は、「日本は大きな代償を払うことになった」という言葉で始まる。主な内容は以下の通りだ。

・放出を始めてから日本の水産業が崩壊寸前になっている
・1000万トンあった水産物の水揚げは300万トンに減った
・減少の理由は、売れなくなったから
・最大の輸出先で毎年50%以上を輸入していた中国が禁止したため
・日本の海産物、肉製品、化粧品から様々な放射性元素が基準値を超えて検出されている

動画を投稿した男性は中国のインフルエンサーで「峰哥说商业」というアカウントで動画を配信している。

今回の動画は5月8日に投稿され、5月20日現在で100万回以上再生されている。この動画に対して「核排水が私たちの沿岸にやってきて私たちの生命を脅かしている、罰を与えるべきだ」「日本製品や日本への旅行をボイコットしよう」など共感を寄せるコメントが多数ついている。

検証過程

この動画が指摘するように、処理水の海洋放出に対して、中国政府が日本の水産物の輸入停止措置を取っていることは事実だ。では、動画が指摘するような影響は出ているのか。

水揚げは急減したのか

農林水産省の統計によると、日本の水産物の年間水揚げ量は1984年の1282万トンがピーク。1977年に各国が排他的経済水域を設定する「200海里時代」を迎えて、遠洋漁業は制限を受けるようになった(水産庁・「遠洋漁業の発展と縮小」)。同時に、沿岸漁業や沖合漁業の主要な魚種の一つであるマイワシの漁獲が大きく減り、全体の水揚げ量は大きく減っていった。

1991年に1000万トンを割り、2022年には400万トンを切った。今回拡散した動画300万トン台に減ってはいるが、処理水の海洋放出開始以前に40年かけて起こった変化だ。

水産庁・「漁業・養殖業の生産量の推移」

中国の輸入停止措置の影響

2023年1年間の水産物輸出額は前年比微増だった。しかし、2024年1−3月期は767億円で2023年同期877億円から減った(農水省輸出・国際局「2024年1-3月期 農林水産物・食品の輸出額」)。

日本ファクトチェックセンター(JFC)は農水省輸出・国際局と水産庁に取材した。

「中国の水産物輸入の歴史は長く、額も大きいので影響はある。しかし、中国に輸出できない分、他国への輸出を増やすために国と業界が取り組んでおり、特に中国で人気があり輸出額の大きかったホタテは、アメリカやベトナム、タイへの輸出が大きく増えた。トータルではマイナスだがカバーするよう転換を進めている」(農水省輸出・国際局)

「中国の輸入停止と水産物の水揚げ量とは全く関係ない、水産物は自然相手なので需要とは関係なく水揚げの増減がある」(水産庁)

輸出の50%以上が中国?

また、「輸出の50%以上が中国向けだ」と動画は主張している。

しかし、処理水放出開始前年(2022年)の日本の水産物の輸出総額は3873億円。中国への輸出額は871億円で22.4%だ(農水省 輸出・国際局 「2022年1-12月期 農林水産物・食品の輸出額」)。

海産物や肉製品などから基準値を超える放射線?

拡散した動画では、「日本の海産物、肉製品、化粧品から様々な放射性元素が基準値を超えて検出されている」とも主張している。

厚生労働省は、自治体等と連携して食品に関する放射性物質の検査結果を収集して公表している。2024年5月14日公表のデータでは、1キログラムあたり100ベクレルの基準値を超えた国内の肉製品、水産物はなかった(食品中の放射性物質の検査結果について)。

水産庁では、自治体と連携して福島第一原発の処理水放出口から北北東へ4キロ、南南東へ5キロの2地点で魚を採取して調べているが、5月15日の最新データではトリチウムは検出限界値未満だった(水産庁・「水産物の放射性物質調査の結果について」)。

福島県では、県内の食品の放射性物質(セシウム134、137)を検査している。2024年2月21日から5月21日にかけて採取した肉類、魚介類からは基準値(1キログラムあたり100ベクレル)を超えたものはなかった(福島県農林水産物・加工食品モニタリング情報)。

判定

福島第一原発からの処理水放出によって「日本の水産業は崩壊寸前」という言説は誤り。動画には多数の誤りがあり。

あとがき

2023年8月に福島第一原発事故の海洋放出が始まってから、処理水に関連する中国語での誤・偽情報が拡散するようになりました。

処理水に関しては、「核汚染水」などの表現を使い、その影響で様々な事象が起きているという言説が幾度も拡散しています。そうした情報は日本語に翻訳されて日本国内でも数多く流れることがあります。注意が必要です。

今回は、台湾ファクトチェックセンター(TFC)の協力で検証しました。

2023年12月には処理水の放出の影響で魚が大量死したという言説が中国語と日本語で拡散、JFCでは検証記事を出しています。

処理水をめぐるファクトチェックまとめはこちら

福島第一原発の処理水と汚染水の違いは何?海洋放出は危険?【ファクトチェックまとめ】
日本政府が夏ごろに始める方針を示している福島第一原発の処理水の海洋放出に関して、国内外で不確かな情報が拡散しています。処理水とは何か。環境への影響は。ファクトチェックのポイントをまとめました。 ※新たな誤情報の検証を更新していきます(最終更新2023年12月13日)。 参照資料は、各省庁や東京電力から、また、2023年7月4日に公開された国際原子力機関(IAEA)の「福島第一原子力発電所ALPS処理水の安全審査に関する包括的報告書(以下、IAEA報告書)」などです。 処理水か汚染水か 2011年3月11日の東日本大震災による津波で、福島第一原発ではウラン燃料を冷やすことができなくなる事故が起きました。燃料は格納容器内で溶け、今も温度を下げるための冷却水をかけ続けています。使用された水は放射性物質で汚染され、雨水などと混ざって毎日約90トンずつ増えています。これを「汚染水」と呼びます。 汚染水は原発の施設内に並ぶ1000基を超える巨大タンクに貯められますが、2024年の前半にはタンク容量に限界が来る見込みです。日本政府は、トリチウムを除く62種類の放射性物

検証:宮本聖二
編集:古田大輔

判定基準などはJFCファクトチェック指針をご参照ください。検証記事を広げるため、XFacebookYouTubeInstagramでのフォロー・拡散をよろしくお願いします。毎週、ファクトチェック情報をまとめて届けるニュースレター登録(無料)は、上のボタンからどうぞ。

また、QRコード(またはこのリンク)からLINEでJFCをフォローし、気になる情報について質問すると、AIが関連性の高い過去のJFC記事をお届けします。詳しくはこちらの記事を

もっと見る

蓮舫氏が「尖閣諸島は日本の領土」にバツの札?【ファクトチェック】

蓮舫氏が「尖閣諸島は日本の領土」にバツの札?【ファクトチェック】

東京都知事選への立候補を表明した立憲民主党の蓮舫参議院議員が「尖閣諸島は日本の領土?」という質問に、×の札で否定しているような画像が拡散しましたが誤りです。画像は加工されており、2016年ごろから何度も拡散しています。 検証対象 2024年6月、テレビ番組と見られる画面内で、蓮舫議員が「尖閣諸島は日本の領土だ」という質問に、バツ印の札をあげている画像がX(旧Twitter)で拡散した。 「国を愛していて…蓮舫って選択肢になります?(´・ω・)」「尖閣の日本領否定してますよ?(´・ω・)」というコメントも付けられている。蓮舫氏が、2024年7月7日投開票の東京都知事選に立候補すると表明したことを受けた投稿と見られる。 1000件以上リポストされた投稿は既に削除されているが、スクリーンショットが引き続き投稿され、「蓮舫アウト」「全員ダメ」というコメントの一方で「悪質なコラ画像」という指摘もある。 検証過程 2016年から拡散する加工された画像 画像をGoogle画像検索すると、同じ画像が多数ヒットする。BuzzFeedは2016年11月に「これは後か

By 日本ファクトチェックセンター(JFC)
ヒカキンが小池都知事に「老けました?」と失礼な質問をした? 【ファクトチェック】

ヒカキンが小池都知事に「老けました?」と失礼な質問をした? 【ファクトチェック】

YouTuberのヒカキン氏が、小池百合子東京都知事に「老けました?」と失礼な質問をしたとする言説が拡散しましたが、誤りです。新型コロナウイルスについての対談動画のスクリーンショットに第三者が全く異なるテロップをつけたものです。 検証対象 2024年5月26日、X(旧Twitter)に「小池都知事にめちゃくちゃ失礼な質問するHIKAKIN懐かしい」とのポストが拡散した。 ポストにはヒカキン氏と小池百合子東京都知事の画像が添付されており、「今回の話とは関係ないんですけど老けました?」というピンクの文字のテロップが入っている。 当該ポストはX上で130万回以上表示され、400件以上のリポストがされている。 検証過程 Google画像検索をしたところ、ポストの画像はヒカキン氏のYoutubeチャンネル「Hikakin TV」の2020年4月10日投稿の対談動画の一部と一致した。ヒカキン氏と小池都知事の対談動画のタイトルは「小池都知事にコロナのこと質問しまくってみた【ヒカキンTV】【新型コロナウイルス】」だ。 日本ファクトチェックセンター(JFC)はこの動

By 日本ファクトチェックセンター(JFC)
パンデミック条約でワクチン強制接種&偽情報・誤情報を取り締まる?/英国総選挙・パリ五輪が標的に/JFCへの指摘に対する見解【注目のファクトチェック】

パンデミック条約でワクチン強制接種&偽情報・誤情報を取り締まる?/英国総選挙・パリ五輪が標的に/JFCへの指摘に対する見解【注目のファクトチェック】

✉️日本ファクトチェックセンター(JFC)がこの1週間に出した記事を中心に、その他のメディアも含めて、ファクトチェックや偽情報関連の情報をまとめました。同じ内容をニュースレターでも配信しています。登録はこちら。 世界保健機関(WHO)で議論されているパンデミック条約をめぐって、大量の偽情報・誤情報が世界的に拡散しています。今夏のイギリス総選挙やパリ五輪なども標的になっています。SlowNewsが公開した記事の中でのJFCの体制や資金、検証手法などに関する指摘に対し、運営委員会と編集部は見解を発表しました。 SlowNews記事に対するJFC見解 JFCの体制や資金に関する報道について 運営委員会見解 JFCの体制や資金に関する報道について 運営委員会見解スローニュース社が5月21〜23日に配信したファクトチェックに関する3本の記事で、日本ファクトチェックセンター(JFC)について、運営体制や資金源の透明性などに問題があるのではないかとの指摘がありました。 JFCの運営については、設立時から運営体制や資金提供元を公表し、適宜説明を追加して参りましたが、運営委員

By 宮本聖二, 古田大輔(Daisuke Furuta)
(画像)100年前と変わらない被災地の避難所?【ファクトチェック】

(画像)100年前と変わらない被災地の避難所?【ファクトチェック】

「100年前と変わらない被災地の避難所」という画像付き言説が拡散しましたが誤りです。能登半島地震とキャプションが付けられた画像は1995年の阪神淡路大震災の際に撮影されたものです。 検証対象 2024年6月5日、「100年前と変わらない被災地の避難所」という画像付き投稿が拡散した。投稿には「#これは私の中では衝撃的な写真 」というハッシュタグが付けられている。画像には「1930年北伊豆地震避難所(毎日新聞社提供)」「2024年能登半島地震(神戸新聞社)」というキャプションと共に避難所の様子を撮影したモノクロの写真とカラーの写真が添付されている。 2024年6月7日現在、このポストは3000件以上リポストされ、表示回数は220万件を超える。投稿について「変わって無い」というコメントの一方で「嘘の情報」という指摘もある。 検証過程 2枚の画像はいつ撮影されたものなのか。Google画像検索で範囲を選択して検索した。 モノクロの画像 「1930年北伊豆地震避難所(毎日新聞社提供)」とキャプションが付けられた画像を検索すると、毎日新聞が運営する法人向け写

By 日本ファクトチェックセンター(JFC)