関東大震災、朝鮮人が毒を入れようとしたのはデマではなく事実?【ファクトチェック】

関東大震災、朝鮮人が毒を入れようとしたのはデマではなく事実?【ファクトチェック】

1923年9月1日に発生した関東大震災について「朝鮮人が毒を入れようとしたのはデマではなく事実」という言説が拡散しましたが、誤りです。警視庁が発行した『大正大震火災誌』などの震災後の複数の資料で、朝鮮人による暴動や略奪、投毒などの噂は誤りだったと確認されています。

※引用した資料には差別的な表現や誤字・脱字と思われる記述がありますが、原文のまま掲載しています。

検証対象

「『関東大震災時に乗じて朝鮮人が井戸に毒を入れようとした』のは『流言』ではなく『事実』であったことを日本人は知らねばなりません」という文言とともに、朝鮮人の犯罪を報じたとする当時の新聞記事のリンクを付けたツイートが拡散した。このツイートは2023年9月8日現在、210万回以上の表示回数と3900件以上のリツイートを獲得している。

拡散したツイートには当初(8月31日時点)、コミュニティノートが付いていた。しかし、9月8日現在、コミュニティノートは見ることができない。

検証過程

関東大震災時に、朝鮮人による暴動や投毒などの犯罪があったのかについては、2023年8月22日、日本ファクトチェックセンター(JFC)がファクトチェックまとめで詳しく解説している。

朝鮮人による犯罪はあったのか

関東大震災を詳細に検証し、内閣府が2009年3月に公表した「災害教訓の継承に関する専門調査会報告書」(第4章第2節「殺傷事件の発生」)では、司法省が震災後に作成した「震災後に於ける刑事事犯及之に関連する事項調査書」(以下「調査書」)が紹介されている。

調査書によると、「朝鮮人による殺傷事件は殺人2件、傷害3件が記録されているが、すべて被疑者不詳であり、殺人に関しては被害者も不詳」だったため、いずれも起訴には至らなかった。また調査書は、デマとして広まった朝鮮人による犯罪について「一定の計画の下に脈絡ある非行を為したる事跡を認め難し」と書いており、組織的な犯罪の事実を認めていない。

警視庁が1925年に発行した『大正大震火災誌』でも、朝鮮人による犯罪が事実ではなかったことが確認できる。「集団で犯罪を犯したような痕跡はまったくない」「朝鮮人に関する犯罪の噂が間違いなのは明白」などという内容が、以下のように述べられている。

「各方面において検挙せる鮮人取調の結果を総合するにその暴行の事実概ね疑はしく、殊に集団を成して妄動せるがごとき痕跡は毫(ごう)も認むべからず」(32頁

「直に鮮人の取調を開始せるに、その犯跡を認むべき証憑(JFC注:事実を証明する根拠となるもの)充分なるもの極めて少く、鮮人に関する流言は概ね虚伝なること闡明(せんめい)」(578頁

井戸に毒を入れられたと主張する人に、それは間違いだと証明するために眼の前で飲んでみせた署長もいたとまで書かれている。

「毒薬流布の説伝はるや、その疑ありとて井水、菓子等の鑑定を各署に申請するもの少からず、もとより無根の事柄にして、鑑定の結果また明かにこれを証明せるにもかかわらず、一般民衆の疑念は容易に解けず、これにおいて早稲田署長のごときは、同日午後二時毒薬を投入せる井戸水なりと称し、清水一ポンド入の瓶を携へ来れるその人の面前においてこれを飲み流言の信ずるに足らざるを示したりと言ふ」(458頁

当時の新聞が報じた事件は事実なのか

拡散したツイートは、震災後の朝鮮人による凶悪犯罪が「事実」である証拠として、1923年10月22日付の東京時事新報(現・産経新聞)の記事のリンクを添付している。この記事は、拡散したツイートのあとに同じ投稿者による3つのツイート(例1例2例3)によって、さらに拡散した。

報じられた事件のひとつは、「飲料水へ毒」という見出しで報じられている。しかし、記事を読むと「井戸に毒を入れたと」は書いていない。事件は、李王源を自称する人物が、飲用の水道消防栓の近くで徘徊していたところ、群衆に捕えられて持っていた亜ヒ酸を無理やり飲まされて死亡したという内容だ。

1923年10月22日 東京時事新報(現・産経新聞)(神戸大学附属図書館新聞記事文庫蔵)

「飲料水へ毒」の事件のみならず、東京時事新報が報じた内容は、1923年10月21日付の朝日新聞の「関東一帯に亙る朝鮮人殺し真相」(朝刊2面)や同じく10月21日付の讀賣新聞「震災の混乱に乗じ朝鮮人の行った凶暴 掠奪、放火、凶器、爆弾毒薬携帯」(朝刊5面)でも同様に紹介されている。

1923年10月21日 東京朝日新聞朝刊

これらの新聞記事は、前日の10月20日の司法省の発表をもとにしている。その発表は、1923年10月21日の國民新聞(現・東京新聞)によると、次のような内容だった。

「今回の変災に際し、鮮人にして不法行為を為すものがあった旨、盛んに喧伝せられたが、今其筋の調査した所によれば、一般鮮人は概して純良であると認められるが、一部不逞鮮人の輩があって幾多の犯罪を敢行し、その事実宣伝せらるるに至った結果、変災に因る人心不安の折から恐怖と興奮の極、往々にして無辜の鮮人、又は内地人を不逞鮮人と誤って自衛の意を以て危害を加えた事犯を生じたので、当局はこれに就いても厳密な調査を行い、既に起訴したるもの十数件に及んでいる」

しかし、検証過程の冒頭で触れた通り、司法省が10月20日に発表した凶悪な事件で起訴されたものは結局、一人もいなかった。しかも、『大正大震火災誌』が伝える通り、当初の朝鮮人犯罪の情報を裏付けるものは何もなかった。つまり、これらの新聞記事自体が、誤った情報に基づいて報道された誤報だった。

判定

震災後に発行された警視庁の『大正大震火災誌』や内閣府の専門調査会報告書の記述から明らかなように、朝鮮人による暴動や略奪、毒の散布などの事実はなく、司法省発表の朝鮮人による殺傷事件についてはすべて「被疑者不詳」だった。検証対象の言説が証拠としている当時の新聞も誤った情報に基づいての報道だったことが判明している。よって、「関東大震災、朝鮮人が毒を入れたのはデマではなく事実」は誤りと判定した。

検証:高橋篤史
編集:宮本聖二、古田大輔、藤森かもめ、野上英文

【更新】新たなファクトチェック

松野官房長官「(関東大震災での朝鮮人虐殺)事実関係を把握する記録は政府内に見当たらない」は不正確【ファクトチェック】
松野博一官房長官が記者会見で、関東大震災をめぐる朝鮮人虐殺について「政府内において事実関係を把握する記録は見当たらない」と述べましたが、ミスリードで不正確です。 政府は2009年に内閣総理大臣を会長とする内閣府の中央防災会議で報告書を出しており、事実関係をまとめた様々な資料とともに「朝鮮人を中心に犠牲者の1%から数%が殺害された」と明記しています。報告書が引用した一次資料には、朝鮮人らが犠牲となった殺傷事件が記録されており、国立公文書館が運営するアジア歴史資料センターなどで保管・公開されています。 検証対象 2023年8月30日、松野官房長官は記者会見で、関東大震災当時の朝鮮人虐殺について「政府内において事実関係を把握することのできる記録は見当たらない」と2回発言した。「令和5年8月30日(水)午前-内閣官房長官記者会見」で確認できる。 問題の発言は動画の6:35ごろから。記者は関東大震災での朝鮮人の殺害について、以下のように質問をした。 「当時、被災地ではデマが広がり、多くの朝鮮人が軍・警察・自警団によって虐殺されたと伝えられています。政府として朝鮮人
関東大震災をめぐる「朝鮮人が暴動を起こした」「虐殺はなかった」などの言説を検証 【ファクトチェックまとめ】
1923年の関東大震災では「朝鮮人が暴動を起こした」「井戸に毒を入れた」などの噂が拡散し、軍隊や警察や自警団などが多数の朝鮮人らを殺害しました。現在も「虐殺はなかった」などの言説が繰り返し拡散します。関東大震災をめぐる主な誤情報を改めて検証しました。 ※過去資料に差別的な表現が出てきますが、そのままにしています。 ※新たな誤情報の検証を更新していきます(最終更新2023年9月11日)。 震災をめぐり、繰り返し拡散する誤情報 現在も、地震が起きるたびに誤情報 / 偽情報が拡散する。「#井戸に毒」などは、関東大震災での朝鮮人殺傷を想起させる悪質なデマだ。また、毎年9月1日に東京都墨田区の都立公園で開かれる朝鮮人犠牲者追悼式典では「6000人虐殺はなかった」などのプラカードを掲げる行為もある。 関東大震災をめぐっては、内閣府が2009年3月に詳細な報告書を公表した。総理大臣を会長に閣僚や学識経験者などで構成する中央防災会議による「災害教訓の継承に関する専門調査会 報告書」(以下、専門調査会報告書)」だ。過去の大災害の経験を継承する目的でまとめられた。 日本フ

検証手法や判定基準などに関する解説は、JFCサイトのファクトチェック指針をご参照ください。

「ファクトチェックが役に立った」という方は、シェアやいいねなどで拡散にご協力ください。誤った情報よりも、検証した情報が広がるには、みなさんの力が必要です。

X(Twitter)FacebookYouTubeInstagramなどのフォローもよろしくお願いします。またこちらのQRコード(またはこのリンク)からLINEでJFCをフォローし、真偽が気になる情報について質問すると、AIが関連性の高い過去のJFC記事をお届けします。詳しくはこちらの記事を

もっと見る

習近平国家主席が脳卒中で倒れた? 椅子から転げ落ちたという画像が拡散【ファクトチェック】

習近平国家主席が脳卒中で倒れた? 椅子から転げ落ちたという画像が拡散【ファクトチェック】

中国の習近平国家主席が「中国共産党の会議で椅子から転げ落ちた。脳卒中だ」などという言説が画像とともに拡散しましたが、根拠不明です。拡散した画像は2024年3月の全国人民代表大会のもので、その後も公務の様子がたびたび報じられています。2024年7月25日時点で習主席が重篤な状態だという信頼性のある情報はありません。 検証対象 2024年7月18日、「中国共産党の全体会議の写真に、習近平が突然、痛みに震えて椅子から転げ落ちる様子が写っている。 おそらく脳卒中だったのだろう」「衰弱の発作だったのかもしれない」という投稿が拡散した。 添付された画像にはドイツ語で、「習近平は脳卒中を患ったのか?」という題名の後に、「中国共産党本会議の写真には、習近平氏が突然痛みでけいれんし、椅子から転げ落ちる様子が映っている。おそらく脳卒中を起こしたのだろう」などと書かれている。3枚の画像には顔をしかめる習主席や、習主席の机を確認する女性が写っている。 2024年7月25日時点で1800件以上リポストされ、表示回数は117万回を超える。投稿について「どくさつ」「おそらく脳卒中」など

By 日本ファクトチェックセンター(JFC)
ファクトチェックに使えるサイトやツール 公開情報を使いこなす【JFC講座 実践編7】

ファクトチェックに使えるサイトやツール 公開情報を使いこなす【JFC講座 実践編7】

日本ファクトチェックセンター(JFC)のファクトチェック講座です。 実践編第6回は、公開されている情報に基づいた調査=OSINTについてでした。第7回はファクトチェックに役立つサイトやツールを紹介します。 (本編は動画でご覧ください。この記事は概要をまとめています) ファクトチェックに役立つサイトやツール 理論編から繰り返し説明してきたようにファクトチェックは、検証する際の根拠を開示することが大前提です。 インターネット上には、公開情報を手に入れるのに役立つサイトやツールがたくさんあります。これまでに紹介したGoogle画像検索やInVID、Googleマップなどもそうですが、今回は主に資料探しに役立つサイトやツールを紹介したいと思います。 政府の公式データの活用 中央行政のオープンデータポータル「e-Gov」や政府統計の総合窓口「e-Stat」は、各省庁のデータを横断的に検索できる非常に便利なサイトです。 キーワードやカテゴリ、テーマごとに検索が可能で、信頼性の高い公的データを素早く見つけることができます。 これらのサイトは、海外でも同様のも

By 古田大輔(Daisuke Furuta)
OSINTでファクトチェック 公開データを使い真偽を判別する【JFC講座 実践編6】

OSINTでファクトチェック 公開データを使い真偽を判別する【JFC講座 実践編6】

日本ファクトチェックセンター(JFC)のファクトチェック講座です。 実践編第5回は、生成AIで作られる画像や動画の検証についてでした。第6回は公開されている情報に基づいた調査=OSINTについて解説します。 (本編は動画でご覧ください。この記事は概要をまとめています) OSINTとは オープンソースインテリジェンス(Open Source Inteligence=OSINT)とは、一般に公開されている情報を収集し分析する手法のことです。 近年、調査報道やファクトチェックに活用されており、オンライン調査とも呼ばれます。日本ファクトチェックセンター(JFC)でもこの手法を活用しています。 現実の画像かどうかOSINTで確認する 実例で見ていきます。 実践編第5回でも紹介したように、2022年9月の静岡県の水害では、生成AIによる偽画像が拡散しました。 ドローンで撮影された静岡県の災害画像? AIディープフェイクの見分け方【ファクトチェック】台風15号による記録的な大雨に見舞われた静岡県をドローンで撮影したとする画像がTwitter上で拡散しています

By 古田大輔(Daisuke Furuta)
生成AIをファクトチェック 進化する技術に対抗する方法【JFC講座 実践編5】

生成AIをファクトチェック 進化する技術に対抗する方法【JFC講座 実践編5】

日本ファクトチェックセンター(JFC)のファクトチェック講座です。 実践編第4回は、増加傾向にある偽動画の検証についてでした。第5回は公開されている生成AIで作られる画像や動画の検証について解説します。 (本編は動画でご覧ください。この記事は概要をまとめています) 生成AIによる「ディープフェイク」 生成AIで作られた偽情報は「ディープフェイク」と呼ばれます。 例えば、アメリカのトランプ前大統領が「岸田首相はグローバリストの操り人形」と話している動画が拡散しました。これは発言内容を自由に捏造できるツールで作られたディープフェイクです。 一方で、AIを使わずに作られた偽の画像や動画などをディープ(深い)に対応して「シャロー(浅い)フェイク」や「チープ(安い)フェイク」と呼びます。 例として、台湾の地震時に東日本大震災の映像が使われた事例があります。現状では、チープフェイクの方が圧倒的に多いですが、ディープフェイクも増えつつあります。 日本のディープフェイク事例 日本で最初に有名になったディープフェイク事例は、2022年9月の静岡県での事例です。「

By 古田大輔(Daisuke Furuta)