「(動画)1919年に撮影されたアイヌの踊り」はほぼ正確【ファクトチェック】

「(動画)1919年に撮影されたアイヌの踊り」はほぼ正確【ファクトチェック】

「1919年に撮影された本物のアイヌの踊り」というカラーの動画が拡散し、本物の映像かどうかを疑う声がありましたが、ほぼ正確です。「オーストラリア国立フィルム&サウンド・アーカイブ」に保管されている映像の一部で、オリジナル版は白黒です。

検証対象

「1919年に撮影された 本物のアイヌの踊り」という文章と共に、人々が踊る動画が拡散した。投稿は2023年10月26日時点で160万回以上表示され、3300リポストを超えている。

画像

コメント欄には「アイヌ館で演じられる踊りはこんな感じ。」や「さすが本物👍」という意見の一方で、「カラー!?」などの反応もある。

リプライや引用ポストなどをたどると、「この踊りすらやらせと聞いた事がある🤔」「本物なのかな?」など、動画の真偽を疑う声もある(例1例2)。

検証過程

日本ファクトチェックセンター(JFC)は、この動画が「1919年に撮影されたアイヌの踊り」かどうかを検証した。

動画の一部のスクリーンショットでGoogle画像検索をすると、「1919年に撮影された楽しそうにノリノリで踊るアイヌの人々」として検証対象と同じ動画を載せているポストが見つかる。

画像
画像

ポストにあるYouTubeのリンクをみると、「カラー化映像でよみがえる1919年の日本の生活」と題した動画が見つかる。

この動画を投稿した匿名アカウントは「このチャンネルでは昔の白黒フィルムをAIで自動的にカラー化した動画をアップしています」と説明している。元の動画は「A Trip through Japan with the YWCA」だとも書いている。

「A Trip through Japan with the YWCA」はアメリカのNational Film Preservation Foundation(NFPF)のウェブサイトで公開されている。YouTubeのリンクにある9分45秒の動画はカラーであることを除くと、この動画と全く同じだった。

検証対象の踊りの動画は4分42秒以降で、「The ceremonial dance. “take your partners”...」という字幕が入る。車座に座っている10人ほどが立ち上がり、輪になりながら、手拍子やジャンプ、立った状態での前屈と後屈を繰り返す50秒ほどの白黒動画だ。

画像

次に、この踊りを含む動画が、アイヌの人々の映像かどうかを検証した。

「A Trip through Japan with the YWCA」の4分頃には、「アイヌは日本の北方先住民だ。彼らは白人と近縁である(The Anus are the aboriginal people of north Japan. They are related to the white race.)」という字幕が出る。

映像には、村の外観や車座になった人々が手を叩く姿、検証対象の人々が輪になって踊る様子などが映っている。4分17秒には「年に一度の熊祭りを祝うアイヌ」という字幕が入り、5分55秒ごろから熊の首に紐を付けて、人々の前を歩かせる場面が始まる。「人の手で3年間育てられた若いクマは、宴会や踊りの最中に何度も引き回される」という字幕も入る。

画像
字幕に「人の手で育てられた子熊を歩かせる」と書かれている(「A Trip through Japan with the YWCA」より)
画像
字幕には「The three wise men…(三人の賢人・長老)」と書かれている(「A Trip through Japan with the YWCA」より)
画像
字幕で「結婚した女性は口に入れ墨を施した」と紹介している(「A Trip through Japan with the YWCA」より)

NFPFは、この映像について「YWCAと行く日本の旅 (1919年頃)」「上映時間:10分(サイレント、音楽なし)」などと説明。「YWCAが日本への奉仕活動15周年を記念して製作したドキュメンタリー映画から引用したものである」と述べている。制作者は、ロシア生まれの実業家Benjamin Brodskyだという。

また、動画の元になったフィルムはオーストラリアの国立フィルム&サウンド・アーカイブ(NFSA)が保管しているという。NFSAも、この動画について、フィルムは白黒で、日本の風景を納めたものだと書いている。

JFCが、国立アイヌ民族博物館の森岡健治教育普及室長に取材したところ、「この動画に映っているのは、当時の白老のアイヌの人々であることは信頼できる」との回答も得た。

判定

動画は、1910年代に公開されたアイヌの人々の姿である。ただし、オリジナルの白黒映像がカラー化されていたことから、「正確」ではなく「ほぼ正確」と判定した。

検証:鈴木刀磨
編集:宮本聖二、藤森かもめ、野上英文

検証手法や判定基準などに関する解説は、JFCサイトのファクトチェック指針をご参照ください。

「ファクトチェックが役に立った」という方は、シェアやいいねなどで拡散にご協力ください。誤った情報よりも、検証した情報が広がるには、みなさんの力が必要です。

X(Twitter)FacebookYouTubeInstagramなどのフォローもよろしくお願いします。またこちらのQRコード(またはこのリンク)からLINEでJFCをフォローし、真偽が気になる情報について質問すると、AIが関連性の高い過去のJFC記事をお届けします。詳しくはこちらの記事を

もっと見る

「(画像)堀江貴文氏:ワクチンの危険性が発覚しました」は誤り 本人の発言ではなく、切り抜き動画から

「(画像)堀江貴文氏:ワクチンの危険性が発覚しました」は誤り 本人の発言ではなく、切り抜き動画から

実業家の堀江貴文氏が「ワクチンの危険性がついに発覚しました」と語っているかのような画像が拡散しましたが誤りです。本人が直接否定している他、画像の出典元はYouTubeの切り抜き動画で、元動画にもそのような発言はありません。 検証対象 2024年2月20日に投稿されたポストで、堀江氏の顔とともに「ワクチンの危険性が遂に発覚しました」という文言があしらわれた画像が拡散した。 この投稿は2024年2月22日現在、978万回以上の表示と、9700件以上のいいねを獲得している。 2月21日には堀江氏本人が「フェイク画像が本物と信じて、私の名誉を毀損しているツイートですが、大丈夫でしょうか?」と引用投稿している。 検証過程 出典元はYoutubeの切り抜き動画 拡散した画像を投稿した内海聡氏は、この画像の引用元として2023年9月30日のポストを挙げている(アーカイブ)。 引用元のポストを見るとYouTubeリンクがある。引用元ポストの投稿者はプロフィール欄に陰謀論を多数投稿するサイト「rapt理論+α」のリンクを掲載していた。 このポストに添付されてい

By 日本ファクトチェックセンター(JFC)
「しぶさわくん」や東京都交通局などSNSに偽アカウントが続々 公式が警鐘を鳴らす

「しぶさわくん」や東京都交通局などSNSに偽アカウントが続々 公式が警鐘を鳴らす

SNS上で実在の公式キャラクターや漫画家を装ったなりすましアカウントが次々と出現しています。個人情報を取られたり、詐欺被害にあったりする恐れがあります。公式アカウントも注意を呼びかけています。 東京都北区の広報キャラクター「しぶさわくん」 東京都北区観光協会の広報キャラクター「しぶさわくん」のなりすましアカウントがX(旧Twitter)上で確認された。 しぶさわくんのX公式アカウントは2024年2月19日、SNSを通じて「公式アカウントは、このアカウントだけ」と注意を呼びかけている。 Facebookに複数の「東京都交通局」 Facebookには、「東京都交通局」を名乗るアカウントが多数存在する。 東京都交通局は公式サイトや各SNSを通して、「東京都交通局を装った偽メッセージについて」という注意喚起を掲載。すでに終了しているプレゼントキャンペーンを装って個人情報やクレジットカード情報の入力を促す偽のダイレクトメッセージがFacebookのチャットで送られていると注意喚起している。 BlueSkyに漫画家のなりすましアカウント 招待制から登録制に

By 日本ファクトチェックセンター(JFC)
「【緊急】新NISA、規制か 財務大臣『円安の元凶と見ている』」は誤り そのような発言はない【ファクトチェック】

「【緊急】新NISA、規制か 財務大臣『円安の元凶と見ている』」は誤り そのような発言はない【ファクトチェック】

新しい少額投資非課税制度(NISA)に関して「【緊急】新NISA、規制か。財務大臣『円安の元凶と見てる』」という言説が拡散しましたが誤りです。引用元の記事に「新NISA、規制か」という情報はありません。また、円安について、鈴木俊一財務大臣は「変動の概要を一概に申し上げることはできない」と発言しています。 検証対象 2024年2月21日、「【緊急】新NISA、規制か。財務大臣『海外への資本逃避が見られる。円安の元凶と見てる』 」という投稿が拡散した。 2024年2月21日現在、このポストは2700件以上リポストされ、表示回数は61万件を超える。投稿について「やっぱり…」というコメントの一方で「ソースがない」と指摘する声もある。 検証過程 新NISAとは 通常、株式や投資信託などに投資した場合に売却利益や配当に約20%の税金がかかる。NISAは「NISA口座(非課税口座)」内で、毎年一定金額の範囲内で非課税になる制度だ。(金融庁「NISAとは?」) 2024年以降は新NISAとして、「非課税保有期間の無期限化」「口座開設期間の恒久化」

By 日本ファクトチェックセンター(JFC)
「日本だけがウクライナに巨額の支援」は誤り 欧米諸国よりも少なくGDP比では支援国下位【ファクトチェック】

「日本だけがウクライナに巨額の支援」は誤り 欧米諸国よりも少なくGDP比では支援国下位【ファクトチェック】

ウクライナへの支援について「日本だけが巨額」という言説が拡散しましたが、誤りです。ドイツのシンクタンク「キール世界経済研究所」の統計によると、日本の累計支援額は世界で7番目で、日本(75億ユーロ)はアメリカ(677億ユーロ)の1割程度です。 検証対象 2024年2月8日、ウクライナへの支援について「日本だけが巨額の支援」というポストが拡散した。このポストは、2024年2月21日現在、140万回以上の表示回数と3400件以上のリポストを獲得している。 検証過程 各国からの支援額は ドイツのシンクタンク「キール世界経済研究所」が、42の国・機関によるウクライナへの財政、人道、軍事分野での支援に関する統計を公開している。 同研究所が公開した資料によると、ウクライナへの侵攻が始まった2022年2月24日から2024年1月15日までの間、EUおよび各国が表明した累計支援額は2524億ユーロだという。日本円にすると、約40兆3840億円(1ユーロ=160円で計算)だ。 機関・国家単位の支援額ではEU(849億ユーロ)とアメリカ(677億ユーロ)が突出し、全体

By 日本ファクトチェックセンター(JFC)