ドイツ国内でイスラム法で統治された自治区を求めるデモ、イスラム国の旗も?【ファクトチェック】

ドイツ国内でイスラム法で統治された自治区を求めるデモ、イスラム国の旗も?【ファクトチェック】

ドイツ国内のデモで「イスラム法によって統治する自治区を認めろという要求やイスラム国の旗があった」という言説が拡散しましたが、誤りです。イスラエル・パレスチナでの武力衝突に関連したデモでしたが、そのような要求は動画には映っておらず、デモ参加者の旗などにイスラム国のものは見つかっていないと現地警察は発表しています。

検証対象

2023年11月24日、ドイツ国内のデモで「イスラム国の旗が掲げられていた」というポストが動画とともに拡散した(例1例2例3)。

この投稿に「ドイツ内にイスラム法で統治された自治区を認めろと要求するデモ」「『イスラム国』の旗もみえる」などと日本語訳をつけて引用リポストした投稿も日本のユーザーの間で拡散した。

検証過程

10月7日のイスラム組織ハマスによる奇襲とそれに対するイスラエルによる大規模な攻撃が続く中、イスラエルあるいはパレスチナへの連帯・支持を訴えるデモが世界各地で相次いだ。特にイスラエルの攻撃によって死傷者が急増していることに対し、批判のデモも広がっている。

拡散した投稿は、そういったデモがドイツ国内でイスラム法による自治を求めたり、イスラム国の旗を掲げたりするなど急進化していると主張する内容だ。

ドイツ国内でのデモなのか

拡散した言説・動画は、ドイツ国内でのデモの様子なのか。

例2は、デモはドイツ西部・エッセン市の様子だと投稿に書かれている。動画を確認すると、行進する人たちの後ろにドイツ語で「WASCHSALON(コインランドリー)」の看板が見える。コインランドリーとエッセンという情報を元にGoogleマップで確認すると、エッセン市中心部で撮影されたことが分かる。

拡散したポストの動画の一場面

次に、エッセン市でのデモについて調べると、ドイツ国際公共放送DWが「イスラエルによるガザへの攻撃に抗議するデモに3000人が集まった」と2023年11月3日に報じている

イスラム法に基づく自治区を求めたデモか

拡散した動画ではドイツ語のプラカードがいくつか確認できる。「UNICEF, “CATALIST EIN FRIEOHOF FUR KINDER”(ユニセフ、「子どもたちのための平和の庭の実現を」)」「DAS KALIFAT IST DIE LÖSUNG!(カリフが解決策だ!)」「EINE UMMAH, EINE EINHEIT, EINE LÖSUNG, KHILAFAH(一つのウンマ、一つの統一、一つの解決策、カリフ制)」

拡散したポストの動画の一場面

拡散した動画でデモ参加者が何を叫んでいるのか。アラビア語と思われるスローガンも聞こえたため、日本ファクトチェックセンター(JFC)は、アラブ地域のファクトチェック組織のネットワークArab Fact-Checkers Network(AFCN)を通じて、アラビア語でファクトチェックに取り組む「Tahaqaq360」のIman Barkさんの協力を得た。

Iman Barkさんはデモ参加者の真意を断定はできないとしつつも、「彼らは 『パレスチナを救うカリフはどこにいるのか』と叫んでおり、『ドイツ国内にカリフを求める』という意味ではない」と解説する。

カリフとは、イスラム共同体の最高指導者を指す称号だ。少なくとも動画の中では「(ドイツ国内で)イスラム法によって統治する自治区を認めてほしい」という主張は確認できない。

デモ参加者が掲げていた旗はイスラム国のものか

Iman Barkさんは、動画内で確認できるアラビア語が記された旗について「ISIS(イスラム国)のものではない」とコメントした。

2023年11月3日のエッセン市でのデモの旗については、ドイツ日刊紙ターゲスシュピーゲルやドイツ公共放送の西部ドイツ放送協会(WDR)はじめドイツ国内でもいくつかの報道がある。

WDRの11月6日の記事は、多数の参加者がドイツで禁じられているヒズブ・タフリール(解放党)の旗を掲げていたと報じている。ヒズブ・タフリールとは、1953年にエルサレムで設立されたイスラム組織で、イスラム世界でのカリフ制復活とイスラム国家樹立を目指している。創設者のナブハーニーは、パレスチナのイスラエルからの解放を組織のイデオロギーの中心にしていた。ドイツ国内での活動は2003年から禁止されている(ドイツ連邦政治教育センター)。

ただし、同じWDRの11月8日の記事は、地元警察の調査ではドイツ国内で禁止されている旗やシンボルなどは見つからなかったとも伝えている。この記事の中で地元の警察署長は「イスラム主義者たちは、ISISやタリバンによく似たシンボルを意図的に使用したようだ」と語っている。

ヒズブ・タフリールの旗、11月3日のエッセンのデモ(WDRの記事より)

判定

拡散した動画では「(ドイツ国内で)イスラム法で統治された自治区を認めろ」という要求は確認できない。動画内でデモ参加者がイスラム国の旗を掲げていることも確認できず、現地警察による捜査でも、ISISによく似たシンボルを使っていたというコメントはあるが、旗そのものは見つかっていない。よって、「(動画)ドイツ国内、イスラム法で統治された自治区を認めろと要求するデモ、イスラム国の旗も」は誤りと判定した。

検証:高橋篤史、木山竣策、鈴木刀磨
編集:宮本聖二、古田大輔、藤森かもめ

検証手法や判定基準などに関する解説は、JFCサイトのファクトチェック指針をご参照ください。

「ファクトチェックが役に立った」という方は、シェアやいいねなどで拡散にご協力ください。誤った情報よりも、検証した情報が広がるには、みなさんの力が必要です。

X(Twitter)FacebookYouTubeInstagramなどのフォローもよろしくお願いします。またこちらのQRコード(またはこのリンク)からLINEでJFCをフォローし、真偽が気になる情報について質問すると、AIが関連性の高い過去のJFC記事をお届けします。詳しくはこちらの記事を

もっと見る

JFCファクトチェック講座スタート/都知事選後も誤情報が拡散/アイヌは先住民族【今週のファクトチェック】

JFCファクトチェック講座スタート/都知事選後も誤情報が拡散/アイヌは先住民族【今週のファクトチェック】

都知事選終了後も誤情報が拡散。アイヌは先住民族ではないという言説をファクトチェックしました。EC・欧州委員会が X(旧Twitter)の認証マークはEUデジタルサービス法に違反しているという見解を示しました。日本ファクトチェックセンター(JFC)はファクトチェック講座を開始しました。YouTubeで視聴できます。 ✉️日本ファクトチェックセンター(JFC)がこの1週間に出した記事を中心に、その他のメディアも含めて、ファクトチェックや偽情報関連の情報をまとめました。同じ内容をニュースレターでも配信しています。登録はこちら。 JFCファクトチェック講座 講座はまず、ファクトチェックの前提として、偽・誤情報の拡散の実態、背景にある人間のバイアス、それを強化するデジタルプラットフォームのアルゴリズムなどを理論編(計10本)として解説します。 その後、検証の具体的な技術やツールの使い方などを学ぶ実践編に続き、合計20本のYouTube動画でファクトチェックに関して網羅的に学べます。 動画は毎日午後5時にアップし、翌日の朝に概要をまとめた記事を配信します。最終回を公

By 宮本聖二, 古田大輔(Daisuke Furuta)
フェイクニュースとナラティブ 人を惹きつける「語り口」【JFCファクトチェック講座 理論編6】

フェイクニュースとナラティブ 人を惹きつける「語り口」【JFCファクトチェック講座 理論編6】

日本ファクトチェックセンター(JFC)のファクトチェック講座です。 理論編第5回はファクトチェックの基本、意見と事実の切り分けについてでした。第6回は国際的なファクトチェックのルールや偽・誤情報が拡散する背景にもある「ナラティブ」について説明します。 (本編は動画でご覧ください。この記事は概要をまとめています) ファクトチェックの重要性と限界 偽・誤情報の拡散が進む中で、ファクトチェックは重要な取り組みですが、万能ではありません。 嘘は瞬時に広がりますが、ファクトチェックには時間がかかります。少なくとも数時間、時には数週間を要することも。また、偽・誤情報を拡散する人は多い一方、公正な検証に取り組む人は限られています。 つまり、数の上でファクトチェックは追いつけません。 ファクトチェックできる言説は限られる また、前回も説明したようにファクトチェックは事実を検証するものであり、意見には適用できません。 ダボス会議で、ドイツのバイオテック企業CEOが「水田での米生産がメタンガスの発生源だ」と発言しました。日本ではこの発言が温暖化対策を名目とした水田

By 古田大輔(Daisuke Furuta)
ファクトチェックは「事実」の検証 オピニオンは自由 【JFCファクトチェック講座 理論編5】

ファクトチェックは「事実」の検証 オピニオンは自由 【JFCファクトチェック講座 理論編5】

日本ファクトチェックセンター(JFC)のファクトチェック講座です。 理論編の第4回は偽・誤情報対策として役に立つだけでなく、メディアリテラシーの基本でもある「クリティカルシンキング」について解説しました。第5回はいよいよ事実の検証、ファクトチェックについて、その基礎から説明します。 (本編は動画でご覧ください。この記事は概要をまとめています) ファクトチェックはオピニオンチェックではない ファクトチェックとは「事実の検証」、検証可能な事実を検証するものです。誰かの意見を検証するオピニオンチェックではありません。 日本ファクトチェックセンター(JFC)ではファクトチェックを「言説に含まれる事実について客観的に検証し、正確性を評価すること」と定義しています。 まずは事実と意見を明確に区別する必要があります。 言論の自由とファクトチェックの役割 民主主義国家の日本では憲法19条で思想及び良心の自由、憲法21条で言論や表現の自由を保証しています。 多様な意見は非常に重要ですが、それらが嘘や誤解に基づいている場合、その部分のファクトチェックが必要です。

By 古田大輔(Daisuke Furuta)
日本ファクトチェックセンター2023年度会計報告

日本ファクトチェックセンター2023年度会計報告

日本ファクトチェックセンター(JFC)の2023年度会計(2023年4月-2024年3月)を報告します。報告内容は「JFCの支援と会計」にも設立した2022年度から掲載しております。 また、今年度よりJFCを運営する一般社団法人セーファーインターネット協会(SIA)の収入内訳も掲載するようにしました。こちらも2022年度分から上記のページに掲載しております。 会計報告は今後も毎年6月のSIA理事会を経て、JFCとSIAそれぞれの資料を公開していく予定です。 以下が、上記ページにも掲載している各年度の会計報告です。 2023年度会計 JFCの2023年度(2023年4月-2024年3月)の収支報告はこちら。 Google.org、LINEヤフー株式会社、Metaからの助成金などで8267万6499円、その他にニュース配信で合計収入は8346万6733円です。支出は国際大学グロコムと実施した2万人調査などで研究開発費に2061万3505円を計上するなど、合計7014万1389円です。 差額はリテラシー向上に向けたコンテンツ制作(YouTube動画など)の

By 古田大輔(Daisuke Furuta)