ワクチン接種・5Gでコロナに感染は誤り【ファクトチェック】

ワクチン接種・5Gでコロナに感染は誤り【ファクトチェック】

埼玉県の高校で新型コロナが流行したニュースについて、ワクチン接種や5Gが原因ではないか、という情報が拡散しましたが、誤りです。ワクチン接種を受けた生徒は卒業しているほか、どちらの言説も厚生労働省やWHOが因果関係を否定しています。

検証対象

2023年6月、埼玉県立春日部高校で100人以上の生徒が新型コロナに感染して、学校閉鎖になったというニュースに絡めて、コロナの集団感染はワクチン接種・5G(第5世代移動通信システム)が原因ではないかという趣旨のツイート(例1例2)が拡散した。引用を含むリツイート数が5900回、表示回数が184万回を超えたものもある。

画像
画像

これらのツイートのリプライ欄には、「そうでしたか、初めて知りましたそのツィートありがとうございます」「ここまでくるとホロコースト」といったコメントが寄せられている。一方で、「おかしいですね。昨年12月に接種した3年生は今年3月に高校卒業しているはずなのに。もしかして春日部高校は去年の3年生は全員留年したのですか?」などの指摘もある。

検証過程

日本ファクトチェックセンター(JFC)は、検証対象のツイートがコロナ感染の原因として挙げた

・ワクチン接種が原因でコロナに感染する
・コロナの原因は5G

についてそれぞれ検証した。

・ワクチン接種が原因でコロナに感染する
検証対象のツイートでは、「ワクチンバスを出張させ、受験を控えた生徒にワクチンを接種していた。そうしたら、やっぱり高校2、3年生を中心に感染が広がった。定石通りの流れだ」と述べられており、ワクチン接種がコロナ感染の原因だと示唆している。

JFCの取材に対して、春日部高校の担当者はこのように説明した。

「昨年12月に春日部高校で当時の高校3年生を対象にワクチン接種をしたのは事実です。ワクチン接種は埼玉県の事業で、本校は会場を提供しただけです。ワクチン接種を受けた高校3年生はすでに卒業しており、他校生徒も本校でワクチン接種を受けています」

昨年12月に春日部高校で接種を受けた高校3年生は今春に卒業している。ワクチン接種が原因で今年6月に春日部高校で集団感染が起きたとは考えにくい。

また、厚生労働省はホームページ上で「新型コロナワクチンQ&A」というページを公開している。
その中の「ワクチン接種で新型コロナウイルスに感染することはありますか」という質問には、

「ワクチンを接種したことが原因で新型コロナウイルスに感染することはありません」と言説を否定している。

厚労省健康局予防接種担当参事官室の担当者はJFCの取材に、次のように説明した。

「現時点で、ワクチンの接種によって新型コロナウイルス感染症を発症する(または発症しやすくなる)とする知見はありません。ワクチンについては、発症予防効果等の知見が国内外から報告されています。国立感染症研究所が実施した研究によると、オミクロン株対応2価ワクチン(BA.1対応型又はBA.4-5対応型)接種後14日以降の、ワクチン未接種者と比較した発症を予防する効果は71%です。これは、仮にワクチンを接種しなかった一定数の集団で100人が発症したとすると、同じ条件でワクチンを接種した集団では発症者は29人となった(71人が発症しなかった)という意味です。確かに、ワクチン接種後であっても発症する可能性はあります。しかし、発症した事例があることだけを理由に、ワクチンが原因で新型コロナウイルス感染症にかかりやすくなるとは言えません。ワクチンの有効性を評価するには、ワクチンを接種した人と接種しなかった人を適切に比較する研究手法を用いる必要があります」

つまり、新型コロナワクチン接種はコロナの発症予防に効果があり、ワクチン接種が原因でコロナを発症することはないという。

・コロナの原因は5G
検証対象のツイートでは、「春日部高校の近くに5G基地局のような電波塔がありますね。全て辻褄が合います。コロナと5G は連動します」とも述べられている。

コロナ感染と5Gに因果関係はあるのか。

5Gとは、第5世代移動通信システムの通称だ。総務省総合通信基盤局が2018年に公開した資料では、携帯電話などに利用される第5世代移動通信システムの特徴として、「超高速」「超低遅延」「多数同時接続」といった内容が挙げられている。SNS上では5Gについて、「コロナの原因は5G」「ワクチン接種で5Gに接続される」といった真偽不明の言説が拡散されている。

5Gとコロナ感染については、既にさまざまな公的機関が否定している。

WHOはYouTube上に「Coronavirus mythbusters: 5G mobile networks DO NOT spread COVID-19」という名前の動画を公開している。mythbustersとは「怪しい伝説」「都市伝説」という意味だ。動画内では「ウイルスは電波やモバイルネットワーク上を移動することはできない。5Gが導入されていない国でも新型コロナウイルスは広がっている」と説明している。

厚労省新型コロナウイルス感染症対策本部の担当者は、JFCの取材に対し、
「新型コロナウイルス感染症と5Gの因果関係を示す科学的根拠は承知していません。新型コロナウイルス感染症の感染経路については、厚生労働省のホームページ『2-問2 新型コロナウイルス感染症にはどのように感染しますか』の項目で、『感染者の口や鼻から、咳、くしゃみ、会話等のときに排出される、ウイルスを含む飛沫又はエアロゾルと呼ばれる更に小さな水分を含んだ状態の粒子を吸入するか、感染者の目や鼻、口に直接的に接触することにより感染する』という内容をこれまでも示しています」
と回答し、コロナと5Gの関係を否定した。

判定

春日部高校でワクチン接種を受けた3年生は今春に卒業しており、6月に起きた集団感染とは無関係。また、コロナ感染の原因をワクチン接種や5Gによるものとする言説は、厚労省やWHOなどによって否定されている。感染経路は、咳やくしゃみ、会話のときに出される飛沫によるもので、ワクチン接種や5Gは関係ない。以上のことから、ワクチン接種・5Gでコロナに感染するという言説は誤り。

あとがき

今年3月にマスクの着用が個人の判断となり、5月にはコロナが5類感染症となるなど、コロナをめぐる社会情勢は大きく変化し、個人の判断による感染症対策が求められるようになりました。しかし、この記事で検証した「ワクチン接種や5Gでコロナに感染する」といった言説は2020年から2023年7月現在まで何度も拡散しています。ワクチン接種などの個人の判断による感染症対策をする際は、正しい情報に基づいた判断が求められます。

検証:リサーチチーム
編集:藤森かもめ、野上英文

検証手法や判定基準などに関する解説は、JFCサイトのファクトチェック指針をご参照ください。

「ファクトチェックが役に立った」という方は、シェアやいいねなどで拡散にご協力ください。誤った情報よりも、検証した情報が広がるには、みなさんの力が必要です。

X(Twitter)FacebookYouTubeInstagramなどのフォローもよろしくお願いします。またこちらのQRコード(またはこのリンク)からLINEでJFCをフォローし、真偽が気になる情報について質問すると、AIが関連性の高い過去のJFC記事をお届けします。詳しくはこちらの記事を

もっと見る

クルド人問題で柴田阿弥氏「嫌なら日本人が引っ越せばいい」と発言は誤り そのような発言はなかった【ファクトチェック】

クルド人問題で柴田阿弥氏「嫌なら日本人が引っ越せばいい」と発言は誤り そのような発言はなかった【ファクトチェック】

埼玉県川口市のクルド人に関して、フリーアナウンサー柴田阿弥氏が「嫌なら日本人が引っ越せばいい」と発言したという言説が拡散しましたが、誤りです。柴田氏はインターネット番組で、日本人は国内で自由に引っ越せるとは指摘しましたが「嫌なら日本人が引っ越せばいい」とは発言していません。 検証対象 2024年2月25日、ジャーナリストの石井孝明氏が、フリーアナウンサーの柴田阿弥氏について「クルド人問題で日本人が引っ越せばいいと本当に言ったのでしょうか。これタレント永久追放レベルに(原文ママ)発言でしょうに、拡散希望」とポスト し、拡散した(2月26日までに削除済み)。 石井氏の投稿は2月25日のX上のポストを引用投稿したもので、すでに削除されたその元投稿が、柴田氏が「嫌なら日本人が引っ越せばいい」と発言したと主張していた。 検証過程 拡散したポストのもととなったのは、2024年2月22日配信のインターネットテレビ番組「ABEMA Prime」に出演した柴田阿弥氏の発言だ。番組では埼玉県川口市の「クルド人問題」をテーマに、クルド人の当事者、川口市議会議員らが討論した。

By 日本ファクトチェックセンター(JFC)
チケット販売大手イープラスを騙るメール フィッシング詐欺に注意を

チケット販売大手イープラスを騙るメール フィッシング詐欺に注意を

チケット販売大手イープラスを騙るメールがフィッシング詐欺の可能性があるとして、注意喚起する投稿が拡散しました。イープラスは公式サイトやSNSで、自社を騙る不審なメールについて注意を呼びかけています。 公式を騙る不審なメール チケット販売大手イープラスを騙るメールが届いたという報告がSNS上で複数拡散した。イープラスを名乗るメールは、イベントやライブのチケット購入に利用できるクーポン獲得のための抽選を案内している。クーポンの割引額、取得方法、適用対象の説明があり、抽選への参加を促す「ログイン」リンクがついている。 不審なメールに反応しない イープラスは公式サイトやXの投稿で、「不審なメール等にご注意ください」と呼びかけている。不審なメッセージを受け取った場合、メールを削除するか、リンク先へのアクセスを避けるように注意を促している。 イープラスによると、会員向けのメールマガジンは以下の7つだ。会員が設定したメールマガジンのみが配信される仕組みだ。 e+★今週のおすすめエンタメ情報 e+★PUSH! e+★チェック e+★アートマガジン e+★得チケ e+

By 日本ファクトチェックセンター(JFC)
「『神武天皇と今上天皇は全く同じY染色体』と科学雑誌が立証」は誤り 雑誌の発行元が記事の存在を否定【ファクトチェック】

「『神武天皇と今上天皇は全く同じY染色体』と科学雑誌が立証」は誤り 雑誌の発行元が記事の存在を否定【ファクトチェック】

2022年に自民党の古屋圭司議員が「科学雑誌ニュートンが『神武天皇と今上天皇は全く同じY染色体である』と立証した」と投稿し、拡散しましたが誤りです。科学雑誌Newtonの発行元ニュートンプレスは「そうした記事は出していない」と否定しています。 検証対象 2022年3月6日、自民党の古屋圭司衆院議員が次のようにポストした。「神武天皇と今上天皇は全く同じY染色体であることが、『ニュートン誌』染色体科学の点でも立証された」。このポストは4800件以上のリポストを獲得している。 今回、このポストが再び注目を集めたのは、2024年2月11日に、「ニュートン誌が否定した」という内容の引用投稿が拡散したからだ。こちらは28万回以上の表示回数と1900件以上のリポストを獲得している。 古屋議員のポストは過去に沖縄タイムスやファクトチェック団体のInFactがファクトチェックをして、いずれも科学雑誌「Newton」を発行するニュートンプレスへの取材を元に「根拠不明」と判定している。 検証過程 Newton「天皇のY染色体に言及した記事はない」 日本ファクトチェッ

By 日本ファクトチェックセンター(JFC)
公式を装うSNSアカウントの増加/AI生成ニュースサイトの国際調査【注目のファクトチェック】

公式を装うSNSアカウントの増加/AI生成ニュースサイトの国際調査【注目のファクトチェック】

✉️日本ファクトチェックセンター(JFC)がこの1週間に出した記事を中心に、その他のメディアも含めて、ファクトチェックや偽情報関連の情報をまとめました。同じ内容をニュースレターでも配信しています。登録はこちら。 2024年2月19-25日のファクトチェック週報です。ロシアのウクライナへの侵攻が始まって24日で2年、ウクライナへの支援をめぐる誤情報が拡散しています。著名人や企業のなりすましアカウントがSNSで増えており、見分け方を記事で解説しています。生成AIで作るニュースサイトが世界的に広がっているという調査も紹介します。 JFCのファクトチェック記事 槇原敬之さんの偽アカウントが出現 歌手の槇原敬之さんの偽アカウントが出現しています。公式アカウントは「公式アカウントは、HPに掲載しているもののみです。また、新規開設する際は、必ずHP等で告知いたします」と注意喚起をしています。 槇原敬之さんの偽アカウントが出現 有名人を装ったアカウントに注意歌手の槇原敬之さんの偽アカウントが出現しています。公式アカウントは「公式アカウントは、HPに掲載しているもののみです

By 宮本聖二, 古田大輔(Daisuke Furuta)