「オーストラリアの『戦没者の森』はワクチンによる死者を追悼している」は不正確【ファクトチェック】

「オーストラリアの『戦没者の森』はワクチンによる死者を追悼している」は不正確【ファクトチェック】

オーストラリアに、ワクチンで倒れた人々を追悼する「戦没者の森」があるという言説が拡散されましたが、これは不正確(ミスリーディング)です。ワクチンに反対する人達による活動で、ワクチンによる死者と科学的に証明されているわけではありません。

検証対象

「オーストラリアにある『戦没者の森(Forest of the Fallen)』は、戦死した人々ではなく、新型コロナウイルスのワクチンで倒れた人々を追悼する場所である」という言説が拡散した(例1例2)。例1のツイートは4900件以上のいいね、リツイートが2200件以上となっている(5月8日現在)。

画像

リプライ欄には、ワクチン被害を訴える内容のツイートが並んでいる。この動画に関連して、Newsweekは「ワクチン接種に反対する団体や陰謀論者たちによるもの」だと指摘する記事を掲載している。

検証過程

拡散した例1の言説には約5分間の動画が添付されている。動画は戦没者の森という題字とともに、木々が生える草原に、ポスターつきの棒が並んだ様子が映っている。ポスターには名前や顔写真、接種したワクチンの種類が印刷されており、ワクチンによって亡くなった人を追悼しているという説明がなされている。例2の動画は2分30秒。空撮の後に同じような情景が映っており、「戦没者の森」という題字も最後に出てくる。

“Forest of the Fallen”で検索すると、これらのポスターを展示したグループのウェブサイトが見つかる。「戦没者の森」という恒久的な施設が存在するわけではなく、ワクチンが多くの薬害をもたらしていると主張するグループが設置したもので、オーストラリア各地に点在することがわかる。

オーストラリア保健省によると、オーストラリアでのワクチン接種は2023年5月4日までに6600万回以上実施された。接種後に医師または救急科を受診したと報告したのは1%未満で、2023年5月4日に公開した最新のワクチンの安全性に関する報告書には「ワクチンは、ごくまれに死に至ることがある。しかし、ワクチン接種後に発生する死亡のほとんどは、ワクチンが原因ではない」と書かれている。985件の接種後の死亡報告のうち、死因がワクチン接種に関連しているものは14件で、2022年以降、ワクチン関連の新たな死亡は確認されていない、と述べている。

動画内に映る「ワクチン犠牲者」の数とオーストラリア政府が確認したワクチンによる死亡件数は大きく乖離しており、Newsweekも「戦没者の森」で追悼される人々がワクチンの薬害によって亡くなったことは確認できない、と報じている。

また、オーストラリア退役軍人省によると、戦没者については、オーストラリアでは、同省に認定された戦没者を平等に追悼するため、国からイニシャルと苗字、職務や享年を記した銅のプレートが提供される。これは一般の墓地も記念庭園も同様で、動画の中に出てくる「戦没者の森」とは全く異なる。

判定

拡散したツイート「オーストラリアの戦没者の森では戦没者ではなく、ワクチン接種で亡くなった人を追悼している」という言説に関して、そのような施設が恒久的な形で存在しているわけではなく、また、動画に映る「ワクチン犠牲者」の数多くのポスターは、政府が確認したワクチンによる死亡件数とも乖離しており、言説は不正確(ミスリーディング)と判定した。

あとがき

新型コロナウイルスに関して、世界保健機構(WHO)は「非常事態宣言」の終了を発表し、日本政府も感染症法の位置付けが季節性インフルエンザと同じ5類に移行するなど、正常化が進んでいます。その一方で、公的機関や医療機関などが、以前ほど情報発信をしなくなった影響もあり、コロナやワクチンに関する誤情報/偽情報が再び拡大しています。

次のパンデミックに備えるためにも、引き続き正確な情報の確認を心がけましょう。
検証:住友千花
編集:古田大輔

検証手法や判定基準などに関する解説は、JFCサイトのファクトチェック指針をご参照ください。

「ファクトチェックが役に立った」という方は、シェアやいいねなどで拡散にご協力ください。誤った情報よりも、検証した情報が広がるには、みなさんの力が必要です。

X(Twitter)FacebookYouTubeInstagramなどのフォローもよろしくお願いします。またこちらのQRコード(またはこのリンク)からLINEでJFCをフォローし、真偽が気になる情報について質問すると、AIが関連性の高い過去のJFC記事をお届けします。詳しくはこちらの記事を

もっと見る

クルド人問題で柴田阿弥氏「嫌なら日本人が引っ越せばいい」と発言は誤り そのような発言はなかった【ファクトチェック】

クルド人問題で柴田阿弥氏「嫌なら日本人が引っ越せばいい」と発言は誤り そのような発言はなかった【ファクトチェック】

埼玉県川口市のクルド人に関して、フリーアナウンサー柴田阿弥氏が「嫌なら日本人が引っ越せばいい」と発言したという言説が拡散しましたが、誤りです。柴田氏はインターネット番組で、日本人は国内で自由に引っ越せるとは指摘しましたが「嫌なら日本人が引っ越せばいい」とは発言していません。 検証対象 2024年2月25日、ジャーナリストの石井孝明氏が、フリーアナウンサーの柴田阿弥氏について「クルド人問題で日本人が引っ越せばいいと本当に言ったのでしょうか。これタレント永久追放レベルに(原文ママ)発言でしょうに、拡散希望」とポスト し、拡散した(2月26日までに削除済み)。 石井氏の投稿は2月25日のX上のポストを引用投稿したもので、すでに削除されたその元投稿が、柴田氏が「嫌なら日本人が引っ越せばいい」と発言したと主張していた。 検証過程 拡散したポストのもととなったのは、2024年2月22日配信のインターネットテレビ番組「ABEMA Prime」に出演した柴田阿弥氏の発言だ。番組では埼玉県川口市の「クルド人問題」をテーマに、クルド人の当事者、川口市議会議員らが討論した。

By 日本ファクトチェックセンター(JFC)
チケット販売大手イープラスを騙るメール フィッシング詐欺に注意を

チケット販売大手イープラスを騙るメール フィッシング詐欺に注意を

チケット販売大手イープラスを騙るメールがフィッシング詐欺の可能性があるとして、注意喚起する投稿が拡散しました。イープラスは公式サイトやSNSで、自社を騙る不審なメールについて注意を呼びかけています。 公式を騙る不審なメール チケット販売大手イープラスを騙るメールが届いたという報告がSNS上で複数拡散した。イープラスを名乗るメールは、イベントやライブのチケット購入に利用できるクーポン獲得のための抽選を案内している。クーポンの割引額、取得方法、適用対象の説明があり、抽選への参加を促す「ログイン」リンクがついている。 不審なメールに反応しない イープラスは公式サイトやXの投稿で、「不審なメール等にご注意ください」と呼びかけている。不審なメッセージを受け取った場合、メールを削除するか、リンク先へのアクセスを避けるように注意を促している。 イープラスによると、会員向けのメールマガジンは以下の7つだ。会員が設定したメールマガジンのみが配信される仕組みだ。 e+★今週のおすすめエンタメ情報 e+★PUSH! e+★チェック e+★アートマガジン e+★得チケ e+

By 日本ファクトチェックセンター(JFC)
「『神武天皇と今上天皇は全く同じY染色体』と科学雑誌が立証」は誤り 雑誌の発行元が記事の存在を否定【ファクトチェック】

「『神武天皇と今上天皇は全く同じY染色体』と科学雑誌が立証」は誤り 雑誌の発行元が記事の存在を否定【ファクトチェック】

2022年に自民党の古屋圭司議員が「科学雑誌ニュートンが『神武天皇と今上天皇は全く同じY染色体である』と立証した」と投稿し、拡散しましたが誤りです。科学雑誌Newtonの発行元ニュートンプレスは「そうした記事は出していない」と否定しています。 検証対象 2022年3月6日、自民党の古屋圭司衆院議員が次のようにポストした。「神武天皇と今上天皇は全く同じY染色体であることが、『ニュートン誌』染色体科学の点でも立証された」。このポストは4800件以上のリポストを獲得している。 今回、このポストが再び注目を集めたのは、2024年2月11日に、「ニュートン誌が否定した」という内容の引用投稿が拡散したからだ。こちらは28万回以上の表示回数と1900件以上のリポストを獲得している。 古屋議員のポストは過去に沖縄タイムスやファクトチェック団体のInFactがファクトチェックをして、いずれも科学雑誌「Newton」を発行するニュートンプレスへの取材を元に「根拠不明」と判定している。 検証過程 Newton「天皇のY染色体に言及した記事はない」 日本ファクトチェッ

By 日本ファクトチェックセンター(JFC)
公式を装うSNSアカウントの増加/AI生成ニュースサイトの国際調査【注目のファクトチェック】

公式を装うSNSアカウントの増加/AI生成ニュースサイトの国際調査【注目のファクトチェック】

✉️日本ファクトチェックセンター(JFC)がこの1週間に出した記事を中心に、その他のメディアも含めて、ファクトチェックや偽情報関連の情報をまとめました。同じ内容をニュースレターでも配信しています。登録はこちら。 2024年2月19-25日のファクトチェック週報です。ロシアのウクライナへの侵攻が始まって24日で2年、ウクライナへの支援をめぐる誤情報が拡散しています。著名人や企業のなりすましアカウントがSNSで増えており、見分け方を記事で解説しています。生成AIで作るニュースサイトが世界的に広がっているという調査も紹介します。 JFCのファクトチェック記事 槇原敬之さんの偽アカウントが出現 歌手の槇原敬之さんの偽アカウントが出現しています。公式アカウントは「公式アカウントは、HPに掲載しているもののみです。また、新規開設する際は、必ずHP等で告知いたします」と注意喚起をしています。 槇原敬之さんの偽アカウントが出現 有名人を装ったアカウントに注意歌手の槇原敬之さんの偽アカウントが出現しています。公式アカウントは「公式アカウントは、HPに掲載しているもののみです

By 宮本聖二, 古田大輔(Daisuke Furuta)