JFCファクトチェック講座5:画像の検証 GoogleレンズとTinEye

JFCファクトチェック講座5:画像の検証 GoogleレンズとTinEye

偽情報/誤情報で多いのが写真や動画を使ったものです。ツールの活用により、改変や捏造が簡単になったことや、もともとの意味とは異なる翻訳をつけてミスリードするものもあります。まずは画像を検証するために知っておくべき手法と便利なツールの利用法を解説します。

画像で騙す2つの手法 対策はオリジナル探し

「画像があるから事実だ」などということはありません。画像は簡単に改変ができるし、違った文脈で使えばミスリードするからです。

改変やミスリードへの対策として有効なのが、オリジナル画像を発見して比較することです。改変部分が見つかったり、全く違う文脈で利用されていることがわかったりします。

ここでも重要なのは検索の技術です。画像に映り込んでいる人物や背景から検索キーワードを想像し、期間を狭めて検索していくことでオリジナルの画像にたどり着くことができます。

ここでは、それよりも簡単にオリジナル画像を見つけられるツールを、日本ファクトチェックセンター(JFC)の記事を例にして紹介します。

Googleレンズを利用する

これはJFCが2023年4月に配信した「反原発デモの空撮、報道されなかった」は誤りというファクトチェック記事です。

画像

国会議事堂周辺に集まる人々を空撮した写真に「安倍政権時代は少なくとも3回以上、この規模のデモはあった。でも、ほとんどの国民は知らなかった。mediaが報じなかったから」「反原発デモの模様が空撮され世界中に流れてから、警察は民間のヘリによる空撮を禁止した」などの説明がつけられ、Twitterで拡散しました。

検証は簡単です。Twitterのタイムライン上で、この画像にカーソルをあわせ、右クリックをして「Googleで画像を検索」を選ぶだけです。

画像

そうすると、画面右に検索結果として類似画像が並びます。複数の報道機関が自社ヘリで空撮をし、報道していることや、これが反原発デモではなく、2015年8月の安保関連法案に反対する集会であることがわかります。

Googleレンズは非常に便利なツールで、画像の一部をトリミングして、その部分に類似する画像を探すことも可能です。これで多くの画像を検証できるでしょう。

ただし、大量に検索結果が出てきて、どれがオリジナル画像かわからないことがあります。そういう時に便利なのが、TinEyeです。

TinEyeを活用する

これはJFCが2023年1月に配信した「稲田議員と皇室がチマチョゴリを着ている画像」は合成というファクトチェック記事です。

画像

この画像をそれぞれGoogleレンズで検索しても、まったく同じ画像やチマチョゴリの商品画像が大量に出てきて、オリジナル画像が見つけられません。

そこで、画像を古い順番に並べる機能がある画像検索ツールTinEyeを使います。TinEyeは、サイトに画像をアップロードしたり、画像URLを検索窓に入れたりすることでも使えます。しかし、もっと簡単に利用するために「InVID-WeVerify toolkit(以下、InVID)」のインストールをお勧めします。

Chromeブラウザの拡張機能として利用できます。ここからインストールしてみましょう。あとは、Googleレンズのときと同じように画像の上で右クリックし、「Fake news debunker by InVID and WeVerify」を選びます。そうすると、GoogleレンズやTinEyeだけなく、あらゆる画像検索ツールを一気に利用することができます。 

画像

ここではTinEyeのみを紹介しますが、例えば、ロシア語圏の情報ならYandex、中国語圏ならBaiduなど、同様のツールがあり、それぞれに強みがあります。

TinEyeを使って検索し、古い順番に並べる機能を使って「Oldest」で並べてみると、2016年8月のabc newsの記事と元画像が見つかり、チマチョゴリは合成された画像であることがわかります。

画像

JFCのファクトチェック記事は、それぞれ「検証過程」の部分で検証に利用したツールも紹介しているので、そちらも参考にしてみてください。

簡単な検証は一瞬でできる

ファクトチェック組織では、ご紹介したYandexやBaiduなど多種多様なツールを状況に応じて使い分けています。しかし、JFCファクトチェック講座3で紹介した「検証の4ステップ」のレベルであれば、GoogleレンズとTinEyeだけでも十分です。別のタブで検索結果を確認しながら記事を読むことを「横読み」とも呼ぶことは講座3でも触れました。

誤った画像が大量に拡散する背景には、こういった手法が知られていないこともあるでしょう。一つずつ細かく調べることは時間的に困難ですが、一瞬で使えるツールもあります。情報をシェアする前に右クリックで確認するクセをつけましょう。

次回は動画の検証です。今回使ったInVIDのさらなる活用法をご紹介します。

講座目次

  1. 意見や推測ではなく事実を検証する
  2. 検証は効果あり 検索やAIにも反映される
  3. 検証の4ステップ 「横読み」で効率的に
  4. 実践的な検索技術 効率的にソースを探す
  5. 画像の検証 GoogleレンズとTinEye
  6. 動画の検証 InVIDとYouTube検索
  7. AIコンテンツの検証 細部を見る
  8. 公開情報こそ重要 OSINT技術を使いこなす
  9. 国際的な標準ルール 透明性を確保する
JFC ファクトチェック講座 - 日本ファクトチェックセンター (JFC)
ファクトチェックの考え方や技術、便利なツールの活用方法を実践的に学ぶ連載です。

筆者略歴

画像

検証手法や判定基準などに関する解説は、JFCサイトのファクトチェック指針をご参照ください。

「ファクトチェックが役に立った」という方は、シェアやいいねなどで拡散にご協力ください。誤った情報よりも、検証した情報が広がるには、みなさんの力が必要です。

X(Twitter)FacebookYouTubeInstagramなどのフォローもよろしくお願いします。またこちらのQRコード(またはこのリンク)からLINEでJFCをフォローし、真偽が気になる情報について質問すると、AIが関連性の高い過去のJFC記事をお届けします。詳しくはこちらの記事を

もっと見る

「日本のウクライナ支援は54兆円」「日本に来たウクライナ人の99%が帰国拒否」は誤り【ファクトチェック】

「日本のウクライナ支援は54兆円」「日本に来たウクライナ人の99%が帰国拒否」は誤り【ファクトチェック】

「日本のウクライナ支援は総額54兆円にのぼる」「日本に来たウクライナ人、99%が帰国拒否、日本国籍を要求」という投稿が拡散しましたが、誤りです。日本の2024年1月15日までの支援額は、およそ1兆2000億円です。また日本財団のアンケート調査で99%が帰国を拒否したという結果は出ていません。 検証対象 ロシアのウクライナ侵攻が始まって2年になる2024年2月、「日本のウクライナ支援の総額は54兆円にのぼるらしい」「もう不要だろう」などという内容の投稿が拡散した。 その投稿には、「日本に来たウクライナ人、99%が帰国拒否。日本に永住させろと日本国籍を要求中」とも書かれている。この投稿は2月28日時点で、180万の閲覧数を獲得している。 検証過程 ウクライナ支援に日本から総額54兆円? ドイツのシンクタンク「キール世界経済研究所」は、ロシアのウクライナ侵攻以後の42の国・機関によるウクライナへの財政、人道、軍事分野での支援に関する統計を公開している。 そのうち2024年1月15日までの日本のウクライナへの累計支援額は75億ユーロ(約1兆2000億円)

By 宮本聖二
(動画)「フーシ派、英貨物船を沈没させた」という動画は誤り 2020年ブラジルでの貨物船沈没事故の映像【ファクトチェック】

(動画)「フーシ派、英貨物船を沈没させた」という動画は誤り 2020年ブラジルでの貨物船沈没事故の映像【ファクトチェック】

「イエメンフーシ派、英貨物船を沈没させた」とする動画が拡散しましたが誤りです。2020年にブラジル沖で起きた貨物船沈没の動画です。 検証対象 2024年2月20日、「イエメン フーシ派、英貨物船を沈没させたと発表 」という文面に続き、激しい爆発とともに船が沈没している動画の投稿が拡散した。 2024年2月27日現在、このポストは500件以上リポストされ、表示回数は34万件を超える。 2024年2月23日に、ポストの投稿主がリプライに「(上記の)映像は、2022年のブラジル沿岸での貨物船の沈没映像」だと釈明する追記をしている。 検証過程 ポストの動画の左下には、動画の元となったポストのリンクがある。 ポストは2024年2月20日に投稿され、検証対象と同じ動画が見つかる。ここでは「紅海で標的にされた英国船 "Rubimar "の消息は不明」などと述べているが、イエメンの反政府武装組織フーシ派の攻撃によるとは明記していない。 動画の一場面のスクリーンショットを撮影し、Google画像検索すると、フーシ派による紅海での攻撃とする投稿が表示されたが、、中に

By 日本ファクトチェックセンター(JFC)
クルド人問題で柴田阿弥氏「嫌なら日本人が引っ越せばいい」と発言は誤り そのような発言はなかった【ファクトチェック】

クルド人問題で柴田阿弥氏「嫌なら日本人が引っ越せばいい」と発言は誤り そのような発言はなかった【ファクトチェック】

埼玉県川口市のクルド人に関して、フリーアナウンサー柴田阿弥氏が「嫌なら日本人が引っ越せばいい」と発言したという言説が拡散しましたが、誤りです。柴田氏はインターネット番組で、日本人は国内で自由に引っ越せるとは指摘しましたが「嫌なら日本人が引っ越せばいい」とは発言していません。 検証対象 2024年2月25日、ジャーナリストの石井孝明氏が、フリーアナウンサーの柴田阿弥氏について「クルド人問題で日本人が引っ越せばいいと本当に言ったのでしょうか。これタレント永久追放レベルに(原文ママ)発言でしょうに、拡散希望」とポスト し、拡散した(2月26日までに削除済み)。 石井氏の投稿は2月25日のX上のポストを引用投稿したもので、すでに削除されたその元投稿が、柴田氏が「嫌なら日本人が引っ越せばいい」と発言したと主張していた。 検証過程 拡散したポストのもととなったのは、2024年2月22日配信のインターネットテレビ番組「ABEMA Prime」に出演した柴田阿弥氏の発言だ。番組では埼玉県川口市の「クルド人問題」をテーマに、クルド人の当事者、川口市議会議員らが討論した。

By 日本ファクトチェックセンター(JFC)
チケット販売大手イープラスを騙るメール フィッシング詐欺に注意を

チケット販売大手イープラスを騙るメール フィッシング詐欺に注意を

チケット販売大手イープラスを騙るメールがフィッシング詐欺の可能性があるとして、注意喚起する投稿が拡散しました。イープラスは公式サイトやSNSで、自社を騙る不審なメールについて注意を呼びかけています。 公式を騙る不審なメール チケット販売大手イープラスを騙るメールが届いたという報告がSNS上で複数拡散した。イープラスを名乗るメールは、イベントやライブのチケット購入に利用できるクーポン獲得のための抽選を案内している。クーポンの割引額、取得方法、適用対象の説明があり、抽選への参加を促す「ログイン」リンクがついている。 不審なメールに反応しない イープラスは公式サイトやXの投稿で、「不審なメール等にご注意ください」と呼びかけている。不審なメッセージを受け取った場合、メールを削除するか、リンク先へのアクセスを避けるように注意を促している。 イープラスによると、会員向けのメールマガジンは以下の7つだ。会員が設定したメールマガジンのみが配信される仕組みだ。 e+★今週のおすすめエンタメ情報 e+★PUSH! e+★チェック e+★アートマガジン e+★得チケ e+

By 日本ファクトチェックセンター(JFC)