【訂正あり】(動画)ドローン配送の普及が進まないのは鳥に襲われるから?動画は警察による犯罪対策の訓練【ファクトチェック】

【訂正あり】(動画)ドローン配送の普及が進まないのは鳥に襲われるから?動画は警察による犯罪対策の訓練【ファクトチェック】

ドローン配送の普及が進まないのは鳥に襲われるからとする言説が拡散しましたが、これは不正確です。鳥がドローンを捕まえる添付動画は、オランダ警察がドローン犯罪の対策として鳥を訓練する様子を紹介したものです。鳥がドローンを襲う事例はありますが、配送用のドローンは大型で安定性が高く、安全がより確保されています。

追記:当初の検証記事では、動画が文脈と異なることと、配送用ドローンが襲われた事例について国内の確認例がなかったことなどから「誤り」と判定しました。しかし、検証記事への指摘を受けて再検証し、検証結果を「不正確」に訂正しました。詳細は文末に掲載しています。

検証対象

「ドローン配送がなかなか普及しない理由がこちら」との記述とともに、猛禽類が小型のドローンを捕獲する様子の動画を埋め込んだツイートが拡散した。6月7日現在、表示回数が414万回以上、リツイート件数が5700件以上となっている。

ドローンを捕まえる鳥をめぐっては、AFP Fact Checkの記事やSnopesの記事でもファクトチェックをされている。

検証過程

動画は誰が撮影したのか

Google検索で「bird capturing drone」と検索すると、鳥がドローンを捕まえる動画がいくつも見つかる。ツイートが紹介した動画もその中にあり、こちらの記事から見ることができる。

動画自体はオランダ警察が2016年に公開したものだった。上記の記事の中で紹介されているBBCの記事によると、オランダ警察は世界初の取り組みとして2016年から、飛行禁止区域を飛ぶ不審なドローンに対抗して猛禽類のワシのヒナを購入し、訓練を開始したという。なお、オランダDutchNews.nlの記事によると、出動機会の少なさを理由に、オランダ警察はワシの活用を2017年に中止した。

配送用ドローンは鳥に襲われるのか

ドローンが鳥に襲われたという事例は、ネット上で多数確認できる。では、公的な記録ではどうか。

日本では航空法(132条の90など)や航空法施行規則(236条の85など)の定めで、ドローンを含む無人航空機の操縦者は、事故や重大インシデントが発生した場合に国交大臣に報告しなければならない。国交省のページで確認すると、2022年度の報告一覧(改正航空法に伴い、事故等の報告受付を始めた2022年12月5日以降の報告)には鳥との接触例はなかったが、2021年度の報告一覧には「鳥に接触して河川に墜落し、機体を紛失した」などという鳥との接触事例が139件中2件あった。

配送用のドローンの場合はどうか。日本ファクトチェックセンター(JFC)は、2017年からドローン配送事業化に取り組む日本郵便に問い合わせた。日本郵便によると、これまでの実証実験で猛禽類を含めた鳥がドローンを襲う事例はなかったという。

鳥がドローンを襲うことを想定したり、対策を講じたりしたことがあるかについて、日本郵便は「実証を行ってきた物流用途の機体は鳥類よりも大きく、飛行音もあるため動物の方が避けていきます」と回答した。また、計画や実験の過程で鳥による影響を検討したことがあるのかについては「検討していません」とのことだった。

オーストラリアでは配送用ドローンが襲われた事例も

ただし、一般のドローンと比較すると確認されることは少ないものの、配送用ドローンが襲われた事例はある。2021年9月にオーストラリアABC NewsがYouTubeにアップした動画では、豪キャンベラで大型の配送用ドローンがコーヒーを運んでいる最中にカラスに襲われる様子が映っている。

ABC Newsによると、鳥の襲撃を受けた配送用ドローンを運営していたWing社は、周辺でのドローン運用を一時休止したという

救急医療へのドローン活用の普及に取り組み、noteなどで情報発信する岩堀利樹さんは、こう指摘する。

「配送用ドローンは、動画のようにVTOL固定翼タイプが主流となる傾向にあり、そうでない場合も比較的大型でローター(回転翼)数の多い機体を使用するので、動画を見てもわかるように鳥に襲撃されたとしても簡単には墜落しません。ですが、鳥の襲撃の危険性への配慮はドローン事業の運営者には当然のことです」

国内で配送用ドローンに対する襲撃の記録がないことについては、次のようす推測する。

「このオーストラリアのような事例は確かに国内外で記憶にない珍しいものです。しかし、国内に関してはまだまだ実証実験がほとんどで、圧倒的にサンプル数が不足しているという側面も否めません。配送用ドローンはそもそもペイロードと安定性が重視された機体であるだけに、鳥に襲われても墜落に至っていないケースでは事故として記録に残りにくいという事情もあるかもしれません」

配送用ドローンに対して、鳥が襲撃とまではいかなかったものの、機体周辺を飛び回る事案があったことは読売新聞も記事にしている。ただし、普及が進まない要因が鳥かという点については、岩堀さんは疑問を呈する。

「ドローンを飛行させるうえで鳥の危険性は大前提。故にドローン配送にとっても鳥の影響は無視できるものではありません。しかしだからこそ鳥に襲われて墜落という事態にならないようドローン事業者は留意しており、今のところ配送用ドローンが鳥に襲われて墜落という事故は避けられています」

「旅客機のバードストライク対策と同様で100%安全と言い切ることはできませんが、100%に少しでも近付くよう創意工夫が続けられている状況です。従って、普及を阻む主要因とまでは言えないのでは。むしろ、規制の存在が普及を阻んでいると言えます」

ドローン配送の実用化は進んでいるのか

日本ではドローン配送の実用化に向けた取り組みが進む。市街地を含んだ地域(有人地帯)でもドローンを操縦者が目視しないで飛ばすことができるように、航空法が2022年に改正されたためだ。

時事通信の記事によると、運輸大手のセイノーホールディングスや航空大手の日本航空全日本空輸が配送用ドローンの活用に取り組む。佐川急便や楽天グループのRakuten Droneも、ドローンを用いた配送に意欲を見せる。また、通信大手のKDDIは東京都と協定を結び、ドローン配送を災害地域の支援に活かす予定だ。

判定(訂正あり)

拡散した動画は「ドローン配送が鳥に襲われる」というものではない。国内の事故記録や実際にドローン配送を実証実験している日本郵便にも配送用ドローンが襲われたという事例は確認できなかった。そのため、判定を「誤り」としていたが、オーストラリアのような事例もあるとの指摘を受け、「ドローン配送の普及が進まないのは鳥に襲われるから」という言説は不正確と訂正する。

検証:高橋篤史、宮本聖二
編集:古田大輔、藤森かもめ

訂正についての説明

2023年6月7日にJFCが検証記事を配信した後、岩堀さんが「【ファクトチェック】日本ファクトチェックセンターによる『「(動画)ドローン配送の普及が進まないのは鳥に襲われるから」は誤り』判定を検証」という記事を公開したことをきっかけに、岩堀さんにも取材し、再検証しました。

オーストラリアの事例があることなどを踏まえて、判定を「不正確」に訂正し、オーストラリアの事故に関する項目を付加するなど、本文を修正しました。(2023年6月22日)

検証手法や判定基準などに関する解説は、JFCサイトのファクトチェック指針をご参照ください。

「ファクトチェックが役に立った」という方は、シェアやいいねなどで拡散にご協力ください。誤った情報よりも、検証した情報が広がるには、みなさんの力が必要です。

X(Twitter)FacebookYouTubeInstagramなどのフォローもよろしくお願いします。またこちらのQRコード(またはこのリンク)からLINEでJFCをフォローし、真偽が気になる情報について質問すると、AIが関連性の高い過去のJFC記事をお届けします。詳しくはこちらの記事を

もっと見る

蓮舫氏が「尖閣諸島は日本の領土」にバツの札?【ファクトチェック】

蓮舫氏が「尖閣諸島は日本の領土」にバツの札?【ファクトチェック】

東京都知事選への立候補を表明した立憲民主党の蓮舫参議院議員が「尖閣諸島は日本の領土?」という質問に、×の札で否定しているような画像が拡散しましたが誤りです。画像は加工されており、2016年ごろから何度も拡散しています。 検証対象 2024年6月、テレビ番組と見られる画面内で、蓮舫議員が「尖閣諸島は日本の領土だ」という質問に、バツ印の札をあげている画像がX(旧Twitter)で拡散した。 「国を愛していて…蓮舫って選択肢になります?(´・ω・)」「尖閣の日本領否定してますよ?(´・ω・)」というコメントも付けられている。蓮舫氏が、2024年7月7日投開票の東京都知事選に立候補すると表明したことを受けた投稿と見られる。 1000件以上リポストされた投稿は既に削除されているが、スクリーンショットが引き続き投稿され、「蓮舫アウト」「全員ダメ」というコメントの一方で「悪質なコラ画像」という指摘もある。 検証過程 2016年から拡散する加工された画像 画像をGoogle画像検索すると、同じ画像が多数ヒットする。BuzzFeedは2016年11月に「これは後か

By 日本ファクトチェックセンター(JFC)
ヒカキンが小池都知事に「老けました?」と失礼な質問をした? 【ファクトチェック】

ヒカキンが小池都知事に「老けました?」と失礼な質問をした? 【ファクトチェック】

YouTuberのヒカキン氏が、小池百合子東京都知事に「老けました?」と失礼な質問をしたとする言説が拡散しましたが、誤りです。新型コロナウイルスについての対談動画のスクリーンショットに第三者が全く異なるテロップをつけたものです。 検証対象 2024年5月26日、X(旧Twitter)に「小池都知事にめちゃくちゃ失礼な質問するHIKAKIN懐かしい」とのポストが拡散した。 ポストにはヒカキン氏と小池百合子東京都知事の画像が添付されており、「今回の話とは関係ないんですけど老けました?」というピンクの文字のテロップが入っている。 当該ポストはX上で130万回以上表示され、400件以上のリポストがされている。 検証過程 Google画像検索をしたところ、ポストの画像はヒカキン氏のYoutubeチャンネル「Hikakin TV」の2020年4月10日投稿の対談動画の一部と一致した。ヒカキン氏と小池都知事の対談動画のタイトルは「小池都知事にコロナのこと質問しまくってみた【ヒカキンTV】【新型コロナウイルス】」だ。 日本ファクトチェックセンター(JFC)はこの動

By 日本ファクトチェックセンター(JFC)
パンデミック条約でワクチン強制接種&偽情報・誤情報を取り締まる?/英国総選挙・パリ五輪が標的に/JFCへの指摘に対する見解【注目のファクトチェック】

パンデミック条約でワクチン強制接種&偽情報・誤情報を取り締まる?/英国総選挙・パリ五輪が標的に/JFCへの指摘に対する見解【注目のファクトチェック】

✉️日本ファクトチェックセンター(JFC)がこの1週間に出した記事を中心に、その他のメディアも含めて、ファクトチェックや偽情報関連の情報をまとめました。同じ内容をニュースレターでも配信しています。登録はこちら。 世界保健機関(WHO)で議論されているパンデミック条約をめぐって、大量の偽情報・誤情報が世界的に拡散しています。今夏のイギリス総選挙やパリ五輪なども標的になっています。SlowNewsが公開した記事の中でのJFCの体制や資金、検証手法などに関する指摘に対し、運営委員会と編集部は見解を発表しました。 SlowNews記事に対するJFC見解 JFCの体制や資金に関する報道について 運営委員会見解 JFCの体制や資金に関する報道について 運営委員会見解スローニュース社が5月21〜23日に配信したファクトチェックに関する3本の記事で、日本ファクトチェックセンター(JFC)について、運営体制や資金源の透明性などに問題があるのではないかとの指摘がありました。 JFCの運営については、設立時から運営体制や資金提供元を公表し、適宜説明を追加して参りましたが、運営委員

By 宮本聖二, 古田大輔(Daisuke Furuta)
(画像)100年前と変わらない被災地の避難所?【ファクトチェック】

(画像)100年前と変わらない被災地の避難所?【ファクトチェック】

「100年前と変わらない被災地の避難所」という画像付き言説が拡散しましたが誤りです。能登半島地震とキャプションが付けられた画像は1995年の阪神淡路大震災の際に撮影されたものです。 検証対象 2024年6月5日、「100年前と変わらない被災地の避難所」という画像付き投稿が拡散した。投稿には「#これは私の中では衝撃的な写真 」というハッシュタグが付けられている。画像には「1930年北伊豆地震避難所(毎日新聞社提供)」「2024年能登半島地震(神戸新聞社)」というキャプションと共に避難所の様子を撮影したモノクロの写真とカラーの写真が添付されている。 2024年6月7日現在、このポストは3000件以上リポストされ、表示回数は220万件を超える。投稿について「変わって無い」というコメントの一方で「嘘の情報」という指摘もある。 検証過程 2枚の画像はいつ撮影されたものなのか。Google画像検索で範囲を選択して検索した。 モノクロの画像 「1930年北伊豆地震避難所(毎日新聞社提供)」とキャプションが付けられた画像を検索すると、毎日新聞が運営する法人向け写

By 日本ファクトチェックセンター(JFC)