3カ月居住で中国人に投票権を付与する条例を武蔵野市が推進?【ファクトチェック】

3カ月居住で中国人に投票権を付与する条例を武蔵野市が推進?【ファクトチェック】

「3カ月居住で中国人に投票権を付与する条例を武蔵野市が推進している」という言説が拡散しましたが、不正確です。武蔵野市は外国人の住民投票資格について議論していますが、中国人に限定しておらず、付与を前提として議論しているわけでもありません。

検証対象

「3ヶ月居住で中国人に投票権を付与する条例を武蔵野市が推進している」という言説が拡散した。2023年9月7日現在でリポスト9000件以上、表示回数が290万回を超えたツイートもある。

画像

拡散したツイートにはツイッターまとめサイト「News U.S.」の記事へのリンクが貼られている。該当する記事の見出しは「【緊急速報】東京都武蔵野市が『3カ月居住で中国人に投票権付与』の条例推進」。

返信欄では「いつか気づかないうちに侵略が終わってることも、、、」や「静かなる侵略は足元まで迫ってる(>_<。)💦」と恐れる声や「マジで言ってるのか。」と驚きのコメントもある。

検証過程

まとめ記事にはツイートが貼られており、「東京都武蔵野市の外国籍住民のうち34.7%が中国人。そんな状況の中、現市長は“3カ月の居住”で住民投票権を与える条例を通過させようと現在も暗躍中」「有識者懇談会も定期的に開催されていますが、ほぼクローズドで行われています。議事録が出るまで何週間もかかり、発言者は無記名」などと書かれている。

画像

ツイートが話題にしているのは武蔵野市の「住民投票制度に関する有識者懇談会」だ。外国籍住民のうち34.7%が中国人というのは武蔵野市の2022年4月末の資料で確認できる。市のウェブサイトによると、2023年7月末時点では35.5%で大きく変わってはいない。

日本ファクトチェックセンター(JFC)は武蔵野市が「3ヶ月居住で中国人に投票権を付与する条例を推進している」とする言説について、ウェブ上で公開されている資料や会議録、武蔵野市への取材をもとに検証する。

住民投票と選挙権の違い

議員や公職に就く人を選ぶ「選挙権」と、地方公共団体における「住民投票」は異なる。総務省のウェブサイトによると、住民投票は「地方公共団体がその可否又は選択肢を住民に示し、住民が投票により自らの意思を表明するもの」とされる。

まとめ記事の元のツイートは「住民投票に関する投票権」と書いている。しかし、まとめ記事の見出しでは「投票権」としか書かれておらず、選挙権と受け取られかねないミスリードな記述になっている。

中国人に限定して議論したのか

2023年7月4日に開催された「第1回住民投票制度に関する有識者懇談会」の資料会議録によると、この有識者懇談会は「武蔵野市における住民投票制度の確立に向けた論点整理」を目的に設置され、第1回の会議では、座長・副座長の選出や住民投票制度に関する意見交換などがあった。

それらの意見の中に、住民投票制度の中で、中国人に住民投票権を付与するように求める発言はあったのか。まず、全34ページにわたる議事録の中で「中国」という発言は一つもない。

外国籍の住民への投票資格付与の検討状況は

会議録の中では、外国籍の住民の投票資格に関して、有識者からの質問や意見表明で合計26回、「外国」という言葉が登場する。「日本国籍でも外国籍の住民であろうと、区別せずに認めるべき」という積極的な声もあれば、「参政権については、日本国籍の住民にしか認められない。したがって、外国籍の住民は対象にできないのではないか」という見方も出た。

行政経営・自治推進担当課長は2021年度の武蔵野市の住民投票条例案の議論を紹介し、「投票資格者に外国籍の住民も含めるか否かでございます。ここは積極論、消極論、半々分かれました」と述べている。また、住民全体の意思表明に参加するという意味において投票資格者に外国人を含めると「その方々の意向が国政に影響するのではないのか」という意見が寄せられたことにも言及している。

つまり、現状で外国人への投票権付与に議論が傾いているわけではない。

JFCが現在の本条例案の検討状況について東京都武蔵野市に問い合わせたところ、以下の回答があった。

「現在本市では住民投票制度の確立に向け、検討を進めておりますが、条例案については白紙となっており、投票資格者については、地方自治法や住民基本台帳法に基づく住民の範囲との関係を整理する必要があり、現時点では一切決まっておりません」

ほぼ非公開か公開か

懇談会に参加する委員や日程などはウェブサイト上に公開されており、傍聴も可能だ。配布された資料や議事録も公開されているため、「ほぼクローズド」という言説は誤りだ。

武蔵野市も取材に「本年7月から開催しております有識者懇談会については公開の場で開催しており、複数の報道関係者の方にも取材いただいております。また条例案の上程時期は現時点では決まっておりません。発言者名は本市他の会議と同様の対応とし、発言者名を伏せています」と説明している。

判定

武蔵野市は住民投票制度について有識者懇談会を設け、外国籍の住民への投票資格についても議論している。しかし、対象を中国人に限定しておらず、付与を前提として議論しているわけでもない。よって、「3ヶ月居住で中国人に投票権を付与する条例を推進している」は不正確と判定した。

あとがき

自治体における外国人の政治参加をめぐっては、2023年1月にも「熊本市外国人への参政権付与」という言説が拡散しました。JFCで検証をし、不正確と判定しています

検証:鈴木刀磨
編集:古田大輔、野上英文、宮本聖二、藤森かもめ

検証手法や判定基準などに関する解説は、JFCサイトのファクトチェック指針をご参照ください。

「ファクトチェックが役に立った」という方は、シェアやいいねなどで拡散にご協力ください。誤った情報よりも、検証した情報が広がるには、みなさんの力が必要です。

X(Twitter)FacebookYouTubeInstagramなどのフォローもよろしくお願いします。またこちらのQRコード(またはこのリンク)からLINEでJFCをフォローし、真偽が気になる情報について質問すると、AIが関連性の高い過去のJFC記事をお届けします。詳しくはこちらの記事を

もっと見る

蓮舫氏が「尖閣諸島は日本の領土」にバツの札?【ファクトチェック】

蓮舫氏が「尖閣諸島は日本の領土」にバツの札?【ファクトチェック】

東京都知事選への立候補を表明した立憲民主党の蓮舫参議院議員が「尖閣諸島は日本の領土?」という質問に、×の札で否定しているような画像が拡散しましたが誤りです。画像は加工されており、2016年ごろから何度も拡散しています。 検証対象 2024年6月、テレビ番組と見られる画面内で、蓮舫議員が「尖閣諸島は日本の領土だ」という質問に、バツ印の札をあげている画像がX(旧Twitter)で拡散した。 「国を愛していて…蓮舫って選択肢になります?(´・ω・)」「尖閣の日本領否定してますよ?(´・ω・)」というコメントも付けられている。蓮舫氏が、2024年7月7日投開票の東京都知事選に立候補すると表明したことを受けた投稿と見られる。 1000件以上リポストされた投稿は既に削除されているが、スクリーンショットが引き続き投稿され、「蓮舫アウト」「全員ダメ」というコメントの一方で「悪質なコラ画像」という指摘もある。 検証過程 2016年から拡散する加工された画像 画像をGoogle画像検索すると、同じ画像が多数ヒットする。BuzzFeedは2016年11月に「これは後か

By 日本ファクトチェックセンター(JFC)
ヒカキンが小池都知事に「老けました?」と失礼な質問をした? 【ファクトチェック】

ヒカキンが小池都知事に「老けました?」と失礼な質問をした? 【ファクトチェック】

YouTuberのヒカキン氏が、小池百合子東京都知事に「老けました?」と失礼な質問をしたとする言説が拡散しましたが、誤りです。新型コロナウイルスについての対談動画のスクリーンショットに第三者が全く異なるテロップをつけたものです。 検証対象 2024年5月26日、X(旧Twitter)に「小池都知事にめちゃくちゃ失礼な質問するHIKAKIN懐かしい」とのポストが拡散した。 ポストにはヒカキン氏と小池百合子東京都知事の画像が添付されており、「今回の話とは関係ないんですけど老けました?」というピンクの文字のテロップが入っている。 当該ポストはX上で130万回以上表示され、400件以上のリポストがされている。 検証過程 Google画像検索をしたところ、ポストの画像はヒカキン氏のYoutubeチャンネル「Hikakin TV」の2020年4月10日投稿の対談動画の一部と一致した。ヒカキン氏と小池都知事の対談動画のタイトルは「小池都知事にコロナのこと質問しまくってみた【ヒカキンTV】【新型コロナウイルス】」だ。 日本ファクトチェックセンター(JFC)はこの動

By 日本ファクトチェックセンター(JFC)
パンデミック条約でワクチン強制接種&偽情報・誤情報を取り締まる?/英国総選挙・パリ五輪が標的に/JFCへの指摘に対する見解【注目のファクトチェック】

パンデミック条約でワクチン強制接種&偽情報・誤情報を取り締まる?/英国総選挙・パリ五輪が標的に/JFCへの指摘に対する見解【注目のファクトチェック】

✉️日本ファクトチェックセンター(JFC)がこの1週間に出した記事を中心に、その他のメディアも含めて、ファクトチェックや偽情報関連の情報をまとめました。同じ内容をニュースレターでも配信しています。登録はこちら。 世界保健機関(WHO)で議論されているパンデミック条約をめぐって、大量の偽情報・誤情報が世界的に拡散しています。今夏のイギリス総選挙やパリ五輪なども標的になっています。SlowNewsが公開した記事の中でのJFCの体制や資金、検証手法などに関する指摘に対し、運営委員会と編集部は見解を発表しました。 SlowNews記事に対するJFC見解 JFCの体制や資金に関する報道について 運営委員会見解 JFCの体制や資金に関する報道について 運営委員会見解スローニュース社が5月21〜23日に配信したファクトチェックに関する3本の記事で、日本ファクトチェックセンター(JFC)について、運営体制や資金源の透明性などに問題があるのではないかとの指摘がありました。 JFCの運営については、設立時から運営体制や資金提供元を公表し、適宜説明を追加して参りましたが、運営委員

By 宮本聖二, 古田大輔(Daisuke Furuta)
(画像)100年前と変わらない被災地の避難所?【ファクトチェック】

(画像)100年前と変わらない被災地の避難所?【ファクトチェック】

「100年前と変わらない被災地の避難所」という画像付き言説が拡散しましたが誤りです。能登半島地震とキャプションが付けられた画像は1995年の阪神淡路大震災の際に撮影されたものです。 検証対象 2024年6月5日、「100年前と変わらない被災地の避難所」という画像付き投稿が拡散した。投稿には「#これは私の中では衝撃的な写真 」というハッシュタグが付けられている。画像には「1930年北伊豆地震避難所(毎日新聞社提供)」「2024年能登半島地震(神戸新聞社)」というキャプションと共に避難所の様子を撮影したモノクロの写真とカラーの写真が添付されている。 2024年6月7日現在、このポストは3000件以上リポストされ、表示回数は220万件を超える。投稿について「変わって無い」というコメントの一方で「嘘の情報」という指摘もある。 検証過程 2枚の画像はいつ撮影されたものなのか。Google画像検索で範囲を選択して検索した。 モノクロの画像 「1930年北伊豆地震避難所(毎日新聞社提供)」とキャプションが付けられた画像を検索すると、毎日新聞が運営する法人向け写

By 日本ファクトチェックセンター(JFC)