小池百合子都知事が都議会で自身に批判的な議員を退席させた?【ファクトチェック】

小池百合子都知事が都議会で自身に批判的な議員を退席させた?【ファクトチェック】

小池百合子都知事が都議会で自身に批判的な発言をした議員を退席させたという言説が拡散しましたが、ミスリードで不正確です。小池都知事に批判的な発言をした都議が委員会で退席を命じられたことは事実ですが、発言の取消しを求める動議について、当事者は議事に参加できないという条例にそった対応です。

検証対象

小池都知事が自身を批判した都議を退席させたという言説が動画とともに拡散している。

2024年6月11日に拡散したX(旧Twitter)上の投稿には動画とともに「小池百合子って都議会でこんなんなんや」「独裁者に刃向かえば退席させられるねんよ」などといったコメントもついていた。

2024年6月20日現在、このポストは1.2万件以上リポストされ、表示回数は65万件を超える。また、TikTokではこの動画が複数のバージョンで拡散している。

検証過程

拡散した動画は57秒に編集されている

添付された動画は57秒間。まず、「3月13日都議会予算特別委員会」の様子として、関口健太郎都議(立憲民主党)が以下のように発言する様子が映っている。

「知事の答弁拒否率は76%」「耳障りの悪いことを言う議員の質問は排除するのか」「知事答えましょうよ」

それに対して、小池都知事が苦笑するような表情をし、「また答弁拒否だよ」という音声がかぶさる。場面が変わって都職員らしき女性が「適切に答弁しており、指摘には当たりません」と答える。

その後、「3月26日の予算特別委員会」というテロップが入り、紺色のネクタイの男性が「関口健太郎都議の不穏当な発言の取消しを求める動議が提出された」と発言し、「都民ファースト議員」という字幕と共に眼鏡の男性が「不穏当発言として断じて容認できません」と主張する。

ここで、紺色のネクタイの男性が「関口議員が除席(※テロップのママ)することに賛成の方はご起立願います」と言い、多数の議員が起立。「表現の自由、言論の自由の侵害じゃないか!」と声を上げる関口都議に紺色のネクタイの男性が退席を命じている。

動画は、関口都議が「不穏当な発言」を理由に退席させられたかのような印象を与える。

日本ファクトチェックセンター(JFC)は、都議会の会議録録画映像などを確認した。

(肩書は、すべて当時)

2024年3月13日の予算特別委員会の議論は

都議会の会議録によると、関口都議は、2024年2月に開かれた都議会の代表質問・一般質問で計28人が小池都知事に136問の質問をし、知事自ら答えたのは80問で56問は「答弁拒否」をしたと説明。「答弁拒否率41%どうお考えですか」と質問している。

関口都議はさらに「質問した28人のうち21人は知事の答弁率100%」と前置きした上で、「(その他の)7人の議員が知事へ質問したのは74問。このうち知事が答弁したのはたった18問」「知事の答弁拒否率76%」と追及。「知事に耳触りの悪いことをいう議員の質問は排除するのか」と重ねて質問した。

これらの質問に対し、都の政策企画局長は「二元代表制の下、議会においてはこれまでも、ご質問の趣旨に応じて執行機関側として適切に答弁しており、ご指摘には当たらないと思っております。地方自治法の逐条解説によりますと、議会の審議に必要な説明について職員等へ委任することは、執行機関側の任意であるとされております」などと答弁している。

この流れは、検証対象の動画にある通りだ。

3月26日の予算特別委員会での議論は

2024年6月19日現在、都議会は3月26日予算特別委の会議録・速記録を公開していないが、収録した映像は公開している。JFCはその録画映像を確認した。

1時間33分のうち、8分48秒ごろに内山真吾委員長が関口都議に関して「不穏当な発言の取消しを求める動議が文書をもって提出されました」と発言し、「関口健太郎委員の除斥について採決を行います」と採決している。

起立多数と認めた内山委員長は「関口委員は除斥することに決定いたしました」と発言し、関口都議が「何が不穏当だよ、表現の自由、言論の自由の侵害じゃないか」と声を上げ、野次が飛び交うなか内山委員長が退席を求める様子が映っている。

関口都議の退席後、映像の10分ごろから菅原直志副委員長が動議の趣旨説明をしている。

趣旨説明では、政策企画局長の答弁した地方自治法の解釈を肯定した上で「関口健太郎委員の『答弁拒否』『答弁差別』『質疑の排除』なる発言は、東京都議会議長の議事整理権に基づく発言を許可する権限を否定するものであり、議会の品位を著しく損なう言動であり、不穏当発言として断じて容認できません」などと主張している。

つまり、拡散した動画は、採決と動議の趣旨説明の順番を逆に編集している。

関口議員の退席の理由は

検証対象の動画には「百合子の独裁政治」という文言が赤で大きく強調され、小池都知事に対して批判的な発言をしたことが都議の退席の理由であるかのような編集となっている。

しかし、予算特別委の録画映像によると関口都議が退席を命じられたのは「関口健太郎委員の不穏当な発言の取消しを求める動議」の採決の前だ。

JFCは東京都に関口議員の退席の理由について確認した。

都議会議会局議事部議事課は「『関口健太郎委員の不穏当な発言の取消しを求める動議』の採決の前段として、都議会委員会条例18条に則り、本人に採決時席を外すべきか否かを諮って決した」と回答した。

東京都議会委員会条例18条では「委員は、自己若しくは父母、祖父母、配偶者、子、孫若しくは兄弟姉妹の一身上に関する事件又は自己若しくはこれらの者の従事する業務に直接の利害関係のある事件については、その議事に参与することができない」などと規定している。

関口都議以外に退席を求められた事例があるかどうかを確認したところ、議事課は「東京都議会委員会条例18条に該当する事件の際、議員の間で合意が取れていれば自然発生的に除斥になることもある。今回は除斥するべき・するべきではないという意見が双方あったため採決という形に至ったが、他の議員に対しても同様の除斥が行われることがある」と答えた。

「除斥」とは、ある事案やその当事者に関係する人をその事案に関する議事などから取り除くことなどを言う。動画のテロップは「除席」となっていたが、意味が異なる。

実際に、3月26日予算特別委では福手裕子都議(日本共産党)に対して「福手ゆう子委員の虚偽の発言の取消しを求める動議」が提出され、採決に先立って福手都議も除斥されている。

議事課によると、除斥された関口都議は、自身に関する動議の採決後、次の議事から自席に戻っている。

判定

関口健太郎都議が予算特別委員会で除斥され、退席したのは事実だが、自身が関係する議事に加われないという都議会の条例に基づく手続きで、議事後は席に戻った。拡散した動画は議事進行の順番を変えて編集されており、「小池都知事が自身に批判的な議員を退席させた」はミスリードで不正確と判定する。

あとがき

2024年6月20日から都知事選挙が始まりました。候補者に関係する偽・誤情報が拡散しやすい状況になっています。画像の改変やミスリーディングな動画の編集などは、よくある手法です。発信元が不確かな情報については、関連情報や元資料の確認をせずに信じたり、拡散したりしないようにしましょう。

検証:木山竣策、リサーチチーム
編集:古田大輔、宮本聖二、藤森かもめ

判定基準などはJFCファクトチェック指針をご参照ください。検証記事を広げるため、XFacebookYouTubeInstagramでのフォロー・拡散をよろしくお願いします。毎週、ファクトチェック情報をまとめて届けるニュースレター登録(無料)は、上のボタンからどうぞ。

また、QRコード(またはこのリンク)からLINEでJFCをフォローし、気になる情報について質問すると、AIが関連性の高い過去のJFC記事をお届けします。詳しくはこちらの記事を

もっと見る

習近平国家主席が脳卒中で倒れた? 椅子から転げ落ちたという画像が拡散【ファクトチェック】

習近平国家主席が脳卒中で倒れた? 椅子から転げ落ちたという画像が拡散【ファクトチェック】

中国の習近平国家主席が「中国共産党の会議で椅子から転げ落ちた。脳卒中だ」などという言説が画像とともに拡散しましたが、根拠不明です。拡散した画像は2024年3月の全国人民代表大会のもので、その後も公務の様子がたびたび報じられています。2024年7月25日時点で習主席が重篤な状態だという信頼性のある情報はありません。 検証対象 2024年7月18日、「中国共産党の全体会議の写真に、習近平が突然、痛みに震えて椅子から転げ落ちる様子が写っている。 おそらく脳卒中だったのだろう」「衰弱の発作だったのかもしれない」という投稿が拡散した。 添付された画像にはドイツ語で、「習近平は脳卒中を患ったのか?」という題名の後に、「中国共産党本会議の写真には、習近平氏が突然痛みでけいれんし、椅子から転げ落ちる様子が映っている。おそらく脳卒中を起こしたのだろう」などと書かれている。3枚の画像には顔をしかめる習主席や、習主席の机を確認する女性が写っている。 2024年7月25日時点で1800件以上リポストされ、表示回数は117万回を超える。投稿について「どくさつ」「おそらく脳卒中」など

By 日本ファクトチェックセンター(JFC)
ファクトチェックに使えるサイトやツール 公開情報を使いこなす【JFC講座 実践編7】

ファクトチェックに使えるサイトやツール 公開情報を使いこなす【JFC講座 実践編7】

日本ファクトチェックセンター(JFC)のファクトチェック講座です。 実践編第6回は、公開されている情報に基づいた調査=OSINTについてでした。第7回はファクトチェックに役立つサイトやツールを紹介します。 (本編は動画でご覧ください。この記事は概要をまとめています) ファクトチェックに役立つサイトやツール 理論編から繰り返し説明してきたようにファクトチェックは、検証する際の根拠を開示することが大前提です。 インターネット上には、公開情報を手に入れるのに役立つサイトやツールがたくさんあります。これまでに紹介したGoogle画像検索やInVID、Googleマップなどもそうですが、今回は主に資料探しに役立つサイトやツールを紹介したいと思います。 政府の公式データの活用 中央行政のオープンデータポータル「e-Gov」や政府統計の総合窓口「e-Stat」は、各省庁のデータを横断的に検索できる非常に便利なサイトです。 キーワードやカテゴリ、テーマごとに検索が可能で、信頼性の高い公的データを素早く見つけることができます。 これらのサイトは、海外でも同様のも

By 古田大輔(Daisuke Furuta)
OSINTでファクトチェック 公開データを使い真偽を判別する【JFC講座 実践編6】

OSINTでファクトチェック 公開データを使い真偽を判別する【JFC講座 実践編6】

日本ファクトチェックセンター(JFC)のファクトチェック講座です。 実践編第5回は、生成AIで作られる画像や動画の検証についてでした。第6回は公開されている情報に基づいた調査=OSINTについて解説します。 (本編は動画でご覧ください。この記事は概要をまとめています) OSINTとは オープンソースインテリジェンス(Open Source Inteligence=OSINT)とは、一般に公開されている情報を収集し分析する手法のことです。 近年、調査報道やファクトチェックに活用されており、オンライン調査とも呼ばれます。日本ファクトチェックセンター(JFC)でもこの手法を活用しています。 現実の画像かどうかOSINTで確認する 実例で見ていきます。 実践編第5回でも紹介したように、2022年9月の静岡県の水害では、生成AIによる偽画像が拡散しました。 ドローンで撮影された静岡県の災害画像? AIディープフェイクの見分け方【ファクトチェック】台風15号による記録的な大雨に見舞われた静岡県をドローンで撮影したとする画像がTwitter上で拡散しています

By 古田大輔(Daisuke Furuta)
生成AIをファクトチェック 進化する技術に対抗する方法【JFC講座 実践編5】

生成AIをファクトチェック 進化する技術に対抗する方法【JFC講座 実践編5】

日本ファクトチェックセンター(JFC)のファクトチェック講座です。 実践編第4回は、増加傾向にある偽動画の検証についてでした。第5回は公開されている生成AIで作られる画像や動画の検証について解説します。 (本編は動画でご覧ください。この記事は概要をまとめています) 生成AIによる「ディープフェイク」 生成AIで作られた偽情報は「ディープフェイク」と呼ばれます。 例えば、アメリカのトランプ前大統領が「岸田首相はグローバリストの操り人形」と話している動画が拡散しました。これは発言内容を自由に捏造できるツールで作られたディープフェイクです。 一方で、AIを使わずに作られた偽の画像や動画などをディープ(深い)に対応して「シャロー(浅い)フェイク」や「チープ(安い)フェイク」と呼びます。 例として、台湾の地震時に東日本大震災の映像が使われた事例があります。現状では、チープフェイクの方が圧倒的に多いですが、ディープフェイクも増えつつあります。 日本のディープフェイク事例 日本で最初に有名になったディープフェイク事例は、2022年9月の静岡県での事例です。「

By 古田大輔(Daisuke Furuta)