麻疹流行「ワクチンは危険、自分で罹って免疫獲得」 「ワクチンで自閉症」?【ファクトチェック】

麻疹流行「ワクチンは危険、自分で罹って免疫獲得」 「ワクチンで自閉症」?【ファクトチェック】

麻疹(はしか)が流行しています。予防にはワクチンが有効ですが、ソーシャルメディア上ではワクチンの有効性を否定し、麻疹の危険性を低く見て「自分で罹って免疫獲得すれば良い」などという投稿が多数拡散していますが、いずれも誤りです。専門家が麻疹の危険性とワクチンの有効性について解説します。

検証対象

麻疹の流行に伴い、X(旧Twitter)などで予防策としてのワクチンを否定するような投稿が広がった。「ワクチンは危険」「ワクチンで自閉症になる」「自分で罹って免疫を獲得すれば良い」など、内容は様々だ(例1,例2,例3)。

NHKは2024年3月14日に「はしかの症状軽視も… ワクチン予防否定するSNSの誤情報に注意」という記事で、ワクチン予防を否定する誤情報が13日午後8時の時点で合計100万回近く閲覧されていると指摘している。そういったワクチンに否定的な情報の拡散はその後も、止まっていない。

日本ファクトチェックセンター(JFC)は、拡散している情報を確認したところ、主なポイントは4つ挙げられる。

・麻疹の危険性
・ワクチンの有効性
・自分で罹って免疫を得るという言説について
・ワクチンで自閉症になるという言説について

検証過程

JFCは、国際医療福祉大学医学部 救急医学 教授(代表)で同大学成田病院救急科部長の志賀隆医師に話を聞いた。以下が、その回答だ。

感染力が高く、死の危険性も

麻疹は非常に危険性が高い病気です。まず、感染力の高さを示す基本再生産数が他のウイルスに比べて極めて大きい。風疹5~7、インフルエンザ (スペイン風邪)2~3に対して、麻疹は12~18です(麻疹に関する基礎知識)。麻疹の主な感染経路は「空気感染」で、結核菌でも認められるものです。ほかのウイルスと違って、より小さな飛沫が空気中を長時間漂います。

※基本再生産数(Basic Reproduction Number) 感染者一人が誰も免疫を持たない集団に加わったとき、直接感染させる人数の確率的な平均値。

感染すれば、死に至ることもあります。先進国でも発症すれば約1000人に1人の割合で死亡する可能性があると考えられます(麻しんが死因となった死亡者数)。中でも、肺炎や脳炎の合併による死亡が多いです。私自身が担当した事例でも、中学生がICUに入るほど危険な例がありました。

参考
厚労省が注意喚起―麻疹は死にもつながる危険な病気、そのリスクと対処法を知る | メディカルノート
麻しんに関する基礎知識(厚生労働省)
麻しん(はしか)が死因となった死亡者数(厚生労働省)

ワクチンは非常に有効

麻疹に対するワクチンの効果は非常に高いです。1回接種による免疫獲得率は93~95%以上、2回接種による免疫獲得率は97~99%以上と報告されています。ワクチン接種2週間後から麻疹の抗体が体内でみられます。通常のワクチン接種による予防に加えて、緊急でできることもあります。麻疹患者と接触後72時間以内に麻疹含有ワクチンの接種を受けることです。

日本が地域に定着した病原体が消滅したことを意味する「排除状態」になったのは、厚生労働省や市民の大変な努力でワクチン接種が浸透したことも大きいでしょう。ワクチンに否定的な言説が拡散し、接種率が下がれば、日本も再び恒常的に感染拡大する国になり得ます。発症すれば1000人に1人が亡くなることを考えれば、ワクチンは費用対効果が非常に高いことがわかります。

参考
麻しんについて ファクトシート(厚生労働省検疫所)

「自分から感染して免疫を獲得」の問題点

麻疹は死に至ることもある危険な感染症です。自分から感染することはおすすめできません。1000人に1人が死亡する可能性というのは、医師から見れば非常に高い確率です。

新型コロナウイルスでもそうでしたが「自分の周りには亡くなった人はいないから大丈夫」と考える人もいるかもしれません。しかし、不運にもご自身の愛する方や友人が犠牲者になった際には、科学的に危険な行為をしたことを後悔することになるでしょう。 

「麻疹ワクチンで自閉症になる」の誤り

これも繰り返し拡散している偽情報です。きっかけとなったのは有名な医学雑誌ランセットに1998年に掲載された論文だと言われています。麻疹・おたふくかぜ・風疹(MMR)ワクチンと自閉症、炎症性腸疾患とを関連付けた論文でしたが、基本的な間違いを含むなど問題が多かったことからすでに撤回されています(ランセット)。

フィンランドでは、MMRワクチンを接種した小児180万人を14年間追跡調査し、接種関連の自閉症や炎症性腸疾患は一人も認められなかったという論文も出ています。

参考
英国におけるMMRワクチン論争の最新状況

判定

麻疹に関して「ワクチンは必要ない」「自分で罹って免疫を獲得すれば良い」「ワクチンで自閉症になる」などの言説は誤りと判定する。麻疹は、極めて感染力が強い上に発症すれば約1000人に一人が死亡する危険な感染症。ワクチン接種の予防効果は高い。また、接種と自閉症を結びつける論文は撤回されている。

検証:古田大輔
編集:宮本聖二

検証協力

志賀隆医師(国際医療福祉大学医学部 救急医学 教授(代表)、国際医療福祉大学成田病院 救急科部長)

学生時代より総合診療・救急を志し、米国メイヨー・クリニックでの救急研修を経てハーバード大学マサチューセッツ総合病院で指導医を務めた。東京ベイ・浦安市川医療センターを経て国際医療福祉大学医学部救急医学講座教授に着任。X(旧Twitter、@TakSugar)で医療に関する情報発信をしており、麻疹についてもメディカルノートで解説している。

検証手法や判定基準については、JFCファクトチェック指針をご参照ください。検証記事を広げるため、SNSでの拡散にご協力ください。XFacebookYouTubeInstagramのフォローもお願いします。毎週、ファクトチェック情報をまとめて届けるニュースレター登録はこちらからどうぞ。また、こちらのQRコード(またはこのリンク)からLINEでJFCをフォローし、真偽が気になる情報について質問すると、AIが関連性の高い過去のJFC記事をお届けします。詳しくはこちらの記事を

もっと見る

習近平国家主席が脳卒中で倒れた? 椅子から転げ落ちたという画像が拡散【ファクトチェック】

習近平国家主席が脳卒中で倒れた? 椅子から転げ落ちたという画像が拡散【ファクトチェック】

中国の習近平国家主席が「中国共産党の会議で椅子から転げ落ちた。脳卒中だ」などという言説が画像とともに拡散しましたが、根拠不明です。拡散した画像は2024年3月の全国人民代表大会のもので、その後も公務の様子がたびたび報じられています。2024年7月25日時点で習主席が重篤な状態だという信頼性のある情報はありません。 検証対象 2024年7月18日、「中国共産党の全体会議の写真に、習近平が突然、痛みに震えて椅子から転げ落ちる様子が写っている。 おそらく脳卒中だったのだろう」「衰弱の発作だったのかもしれない」という投稿が拡散した。 添付された画像にはドイツ語で、「習近平は脳卒中を患ったのか?」という題名の後に、「中国共産党本会議の写真には、習近平氏が突然痛みでけいれんし、椅子から転げ落ちる様子が映っている。おそらく脳卒中を起こしたのだろう」などと書かれている。3枚の画像には顔をしかめる習主席や、習主席の机を確認する女性が写っている。 2024年7月25日時点で1800件以上リポストされ、表示回数は117万回を超える。投稿について「どくさつ」「おそらく脳卒中」など

By 日本ファクトチェックセンター(JFC)
ファクトチェックに使えるサイトやツール 公開情報を使いこなす【JFC講座 実践編7】

ファクトチェックに使えるサイトやツール 公開情報を使いこなす【JFC講座 実践編7】

日本ファクトチェックセンター(JFC)のファクトチェック講座です。 実践編第6回は、公開されている情報に基づいた調査=OSINTについてでした。第7回はファクトチェックに役立つサイトやツールを紹介します。 (本編は動画でご覧ください。この記事は概要をまとめています) ファクトチェックに役立つサイトやツール 理論編から繰り返し説明してきたようにファクトチェックは、検証する際の根拠を開示することが大前提です。 インターネット上には、公開情報を手に入れるのに役立つサイトやツールがたくさんあります。これまでに紹介したGoogle画像検索やInVID、Googleマップなどもそうですが、今回は主に資料探しに役立つサイトやツールを紹介したいと思います。 政府の公式データの活用 中央行政のオープンデータポータル「e-Gov」や政府統計の総合窓口「e-Stat」は、各省庁のデータを横断的に検索できる非常に便利なサイトです。 キーワードやカテゴリ、テーマごとに検索が可能で、信頼性の高い公的データを素早く見つけることができます。 これらのサイトは、海外でも同様のも

By 古田大輔(Daisuke Furuta)
OSINTでファクトチェック 公開データを使い真偽を判別する【JFC講座 実践編6】

OSINTでファクトチェック 公開データを使い真偽を判別する【JFC講座 実践編6】

日本ファクトチェックセンター(JFC)のファクトチェック講座です。 実践編第5回は、生成AIで作られる画像や動画の検証についてでした。第6回は公開されている情報に基づいた調査=OSINTについて解説します。 (本編は動画でご覧ください。この記事は概要をまとめています) OSINTとは オープンソースインテリジェンス(Open Source Inteligence=OSINT)とは、一般に公開されている情報を収集し分析する手法のことです。 近年、調査報道やファクトチェックに活用されており、オンライン調査とも呼ばれます。日本ファクトチェックセンター(JFC)でもこの手法を活用しています。 現実の画像かどうかOSINTで確認する 実例で見ていきます。 実践編第5回でも紹介したように、2022年9月の静岡県の水害では、生成AIによる偽画像が拡散しました。 ドローンで撮影された静岡県の災害画像? AIディープフェイクの見分け方【ファクトチェック】台風15号による記録的な大雨に見舞われた静岡県をドローンで撮影したとする画像がTwitter上で拡散しています

By 古田大輔(Daisuke Furuta)
生成AIをファクトチェック 進化する技術に対抗する方法【JFC講座 実践編5】

生成AIをファクトチェック 進化する技術に対抗する方法【JFC講座 実践編5】

日本ファクトチェックセンター(JFC)のファクトチェック講座です。 実践編第4回は、増加傾向にある偽動画の検証についてでした。第5回は公開されている生成AIで作られる画像や動画の検証について解説します。 (本編は動画でご覧ください。この記事は概要をまとめています) 生成AIによる「ディープフェイク」 生成AIで作られた偽情報は「ディープフェイク」と呼ばれます。 例えば、アメリカのトランプ前大統領が「岸田首相はグローバリストの操り人形」と話している動画が拡散しました。これは発言内容を自由に捏造できるツールで作られたディープフェイクです。 一方で、AIを使わずに作られた偽の画像や動画などをディープ(深い)に対応して「シャロー(浅い)フェイク」や「チープ(安い)フェイク」と呼びます。 例として、台湾の地震時に東日本大震災の映像が使われた事例があります。現状では、チープフェイクの方が圧倒的に多いですが、ディープフェイクも増えつつあります。 日本のディープフェイク事例 日本で最初に有名になったディープフェイク事例は、2022年9月の静岡県での事例です。「

By 古田大輔(Daisuke Furuta)