三重県南東沖で起きた地震は人工地震?【ファクトチェック】

三重県南東沖で起きた地震は人工地震?【ファクトチェック】

2022年11月14日に発生した三重県南東沖を震源とする地震は「人工地震」という情報が拡散しましたが、これは誤りです。専門家によれば、波形は自然由来の地震と同じでした。

検証対象

2022年11月14日の三重県南東沖を震源とする地震について、「三重県の地震は人工地震ですね」といった情報が拡散し、「人工地震」が一時Twitterでトレンド入りすることもあった。

画像

2022年12月27日時点で2300を超えるいいねがついている。「やはり、そんな気がしています」というコメントがある一方、デマ情報だという指摘もある。また、「やっぱりおかしいですよね 三重が震源地でなぜ、東北で震度4」など、震源地から離れた場所で強い揺れが観測されたことで、人工地震ではないかと考える人もいるようだ。

検証過程 

人工地震とは、自然に発生する地震ではなく、爆発物などによって発生させる人為的な地震を意味する。日本ファクトチェックセンター(JFC)は、ネットで拡散する人工地震の言説について、これまでにも検証している東京大学地震研究所の古村孝志教授に取材した。

波形は通常の地震

「三重県の地震は人工地震」と指摘するツイートは、地震の波形データを示している。この波形データが、自然地震のものではなく人工地震の動きだという主張だ。

検証対象のツイートは下の2枚を添付している。

自然な地震の波形データでは、最初に「P波」と呼ばれる小さな波が観測され、大きな「S波」が続く。しかし、検証対象のツイートで示された11月の三重県の地震では、下図の一番下のグラフにみられるように、初めから大きな波形があらわれ、P波とS波にはっきりした違いがない。このことが人工地震の特徴と一致していると、ツイートは指摘している模様だ。

画像
今回の三重県の地震の波形データ
画像
自然地震と人工地震の波形データ

しかし、古村さんによると、今回の三重県の地震波形は、通常の地震と同じだという。

検証対象のツイートと同様に、防災科学技術研究所の「平塚ST1観測点」の波形データを、南北、東西、上下動という3方向の揺れごとに示したのが下図だ。上下動のグラフ(左下)では、P波が初めから大きかったように見える。

だがこれは、3方向ごとに異なる最大振幅を、グラフ上では同じ大きさで見えるように描いたためだ。上下方向の揺れは水平方向の動きの10分の1程度しかないが、これを水平方向の揺れと同じ大きさに見えるように拡大して描いたために、実際は小さかったP波が大きく見えていると、古村さんは指摘する。上下方向の揺れを拡大せず、右図のようにそのままのスケールで描くと、実際にはP波は小さかったことがわかるという。

画像
(出典)防災科学技術研究所K-NET強震観測網のデータをもとに古村孝志教授が作図

地下360キロの深さに爆発物を埋めることは不可能

三重県南東沖では深発地震が数年毎に繰り返し起きていて、今回の地震の震源は地下360キロの深さにある。そもそも、地下深くに爆発物を埋め込んで地震を起こすのは簡単なことではないと、古村さんは指摘する。

「この深さにMw(モーメント・マグニチュード)6.1規模の地震を起こすような爆発物を埋めることは不可能。地球深部探査船『ちきゅう』を使っても、地底下7.5キロまで掘削するのが限界です」

遠方での強い揺れは異常震域か

また、今回の地震は震源から離れた場所で強い揺れを観測したことも特徴で、これがデマを呼ぶ一因になったとみられる。ただ、同じような現象はこれまでに何度も観測されており、「異常震域」と呼ばれている(気象庁の資料参照)。

気象庁の説明によると、地震の波は通常、震源から遠ざかるほど弱まるが、「海洋プレート」と呼ばれる固い岩盤を通ると、あまり減衰しないまま、遠いところに届く。このため、震源に近いところでの揺れは小さいのに、遠く離れた場所が大きく揺れることがある。 これが異常震域だ。

画像
出典:気象庁の資料より

判定

「三重県南東沖を震源とする地震は人工地震である」は誤り。

あとがき

人工地震のような陰謀論はインターネット上で繰り返し拡散されています。古村さんは人工地震について、「人工地震は、揺れを用いて地下を透視する技術で、活断層調査や資源探査の目的に広く使われています。最近では『制御震源』と呼ぶようになったためか、人工地震は『地震兵器』のようなあやしげなイメージを与えるのかもしれない」と指摘します。

非科学的な言説に対しては、「科学的な根拠で反論しても、なかなか納得してもらえません。人工地震か自然地震か議論を通じて、多くの方に深発地震と異常震域の発生原因、地震の揺れと地震防災に関心を持ってもらう良い機会になればいい」と話しています。

検証:落合俊
編集:藤森かもめ、古田大輔

検証手法や判定基準などに関する解説は、JFCサイトのファクトチェック指針をご参照ください。

「ファクトチェックが役に立った」という方は、シェアやいいねなどで拡散にご協力ください。誤った情報よりも、検証した情報が広がるには、みなさんの力が必要です。

X(Twitter)FacebookYouTubeInstagramなどのフォローもよろしくお願いします。またこちらのQRコード(またはこのリンク)からLINEでJFCをフォローし、真偽が気になる情報について質問すると、AIが関連性の高い過去のJFC記事をお届けします。詳しくはこちらの記事を

もっと見る

習近平国家主席が脳卒中で倒れた? 椅子から転げ落ちたという画像が拡散【ファクトチェック】

習近平国家主席が脳卒中で倒れた? 椅子から転げ落ちたという画像が拡散【ファクトチェック】

中国の習近平国家主席が「中国共産党の会議で椅子から転げ落ちた。脳卒中だ」などという言説が画像とともに拡散しましたが、根拠不明です。拡散した画像は2024年3月の全国人民代表大会のもので、その後も公務の様子がたびたび報じられています。2024年7月25日時点で習主席が重篤な状態だという信頼性のある情報はありません。 検証対象 2024年7月18日、「中国共産党の全体会議の写真に、習近平が突然、痛みに震えて椅子から転げ落ちる様子が写っている。 おそらく脳卒中だったのだろう」「衰弱の発作だったのかもしれない」という投稿が拡散した。 添付された画像にはドイツ語で、「習近平は脳卒中を患ったのか?」という題名の後に、「中国共産党本会議の写真には、習近平氏が突然痛みでけいれんし、椅子から転げ落ちる様子が映っている。おそらく脳卒中を起こしたのだろう」などと書かれている。3枚の画像には顔をしかめる習主席や、習主席の机を確認する女性が写っている。 2024年7月25日時点で1800件以上リポストされ、表示回数は117万回を超える。投稿について「どくさつ」「おそらく脳卒中」など

By 日本ファクトチェックセンター(JFC)
ファクトチェックに使えるサイトやツール 公開情報を使いこなす【JFC講座 実践編7】

ファクトチェックに使えるサイトやツール 公開情報を使いこなす【JFC講座 実践編7】

日本ファクトチェックセンター(JFC)のファクトチェック講座です。 実践編第6回は、公開されている情報に基づいた調査=OSINTについてでした。第7回はファクトチェックに役立つサイトやツールを紹介します。 (本編は動画でご覧ください。この記事は概要をまとめています) ファクトチェックに役立つサイトやツール 理論編から繰り返し説明してきたようにファクトチェックは、検証する際の根拠を開示することが大前提です。 インターネット上には、公開情報を手に入れるのに役立つサイトやツールがたくさんあります。これまでに紹介したGoogle画像検索やInVID、Googleマップなどもそうですが、今回は主に資料探しに役立つサイトやツールを紹介したいと思います。 政府の公式データの活用 中央行政のオープンデータポータル「e-Gov」や政府統計の総合窓口「e-Stat」は、各省庁のデータを横断的に検索できる非常に便利なサイトです。 キーワードやカテゴリ、テーマごとに検索が可能で、信頼性の高い公的データを素早く見つけることができます。 これらのサイトは、海外でも同様のも

By 古田大輔(Daisuke Furuta)
OSINTでファクトチェック 公開データを使い真偽を判別する【JFC講座 実践編6】

OSINTでファクトチェック 公開データを使い真偽を判別する【JFC講座 実践編6】

日本ファクトチェックセンター(JFC)のファクトチェック講座です。 実践編第5回は、生成AIで作られる画像や動画の検証についてでした。第6回は公開されている情報に基づいた調査=OSINTについて解説します。 (本編は動画でご覧ください。この記事は概要をまとめています) OSINTとは オープンソースインテリジェンス(Open Source Inteligence=OSINT)とは、一般に公開されている情報を収集し分析する手法のことです。 近年、調査報道やファクトチェックに活用されており、オンライン調査とも呼ばれます。日本ファクトチェックセンター(JFC)でもこの手法を活用しています。 現実の画像かどうかOSINTで確認する 実例で見ていきます。 実践編第5回でも紹介したように、2022年9月の静岡県の水害では、生成AIによる偽画像が拡散しました。 ドローンで撮影された静岡県の災害画像? AIディープフェイクの見分け方【ファクトチェック】台風15号による記録的な大雨に見舞われた静岡県をドローンで撮影したとする画像がTwitter上で拡散しています

By 古田大輔(Daisuke Furuta)
生成AIをファクトチェック 進化する技術に対抗する方法【JFC講座 実践編5】

生成AIをファクトチェック 進化する技術に対抗する方法【JFC講座 実践編5】

日本ファクトチェックセンター(JFC)のファクトチェック講座です。 実践編第4回は、増加傾向にある偽動画の検証についてでした。第5回は公開されている生成AIで作られる画像や動画の検証について解説します。 (本編は動画でご覧ください。この記事は概要をまとめています) 生成AIによる「ディープフェイク」 生成AIで作られた偽情報は「ディープフェイク」と呼ばれます。 例えば、アメリカのトランプ前大統領が「岸田首相はグローバリストの操り人形」と話している動画が拡散しました。これは発言内容を自由に捏造できるツールで作られたディープフェイクです。 一方で、AIを使わずに作られた偽の画像や動画などをディープ(深い)に対応して「シャロー(浅い)フェイク」や「チープ(安い)フェイク」と呼びます。 例として、台湾の地震時に東日本大震災の映像が使われた事例があります。現状では、チープフェイクの方が圧倒的に多いですが、ディープフェイクも増えつつあります。 日本のディープフェイク事例 日本で最初に有名になったディープフェイク事例は、2022年9月の静岡県での事例です。「

By 古田大輔(Daisuke Furuta)